たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
「明日は、七草粥。明日は、七草粥。・・・・」
と、心の中で、何度も確認していたのに、
やっぱり買うのを忘れてしまって、
食べられず。


“まあ、誰も気づいていないから、
 いいかあ。”
と思っていたら、
りゅうpapaが、
「結局、七草粥食べへんかったなあ。」と。


バレたか。。。


で、わたしの言い訳。

「今年は、お正月に暴飲暴食できなかったから、
 お粥食べる必要ないや?ん。」



そう、今年は暮れからお正月にかけて、
詩月と陽斗が相次いで風邪を引き、
その看病に明け暮れて?!、
ご馳走を味わうどころではなかった。


そのおかげで、
産後、下げ止まりだった体重が、
減って、ラッキーだったのだけれど(笑)



どうにか、詩月はよくなってきたものの、
陽斗は、まだまだ体調不良。
痰が絡んでいるらしく、
ゴホゴホ咳をついて、
その勢いで、“ゴボっ”と吐いてしまう。

巨大児陽斗のことだから、
多少の体重減少は、大丈夫だろうけれど、
脱水になったら、大変なので、
一日に、何度も大泉門を触って確認する毎日。


ああ、早くよくなってもらいたい。
スポンサーサイト
ずっと前の話だけれど、、
入院中の“お祝い膳”の話。


詩月のとき、
入院中に、お祝い膳がでた。
事前に、和食(鯛)と洋食(ハンバーグ)
のどちらかを選択でき、
「ハンバーグはいつでも食べられるし・・・。」
と思って、和食を選択。

 hspace=で、出てきたのが、
写真のとおり、
小さな小さなお魚。。。

「あんなに頑張って出産したご褒美?!が、
 これかあ。」
とがっかりしたのを、今も覚えている。



そして、今回。


 hspace=同室の人が食べている“お祝い膳”の豪華なこと!!


「すごーい!こんなのが出るんだあ。
 大学病院なのに・・・。
 ラッキー!!」
なんて思って、
その日が来るのを楽しみにしていた。


そして、待ちに待ったその日。


ちょうど、前のベットの人と、
同じ日に“お祝い膳”だったので、
ふたりで、ビデオを撮ったり、
味の感想を言い合ったりして、
楽しく、美味しく、“お祝い膳”をいただいた。



だけれど、
後日、入院費の明細を見て、
びっくり、そして納得。

そこには、ちゃんと、
「お祝い膳 2000円」
という文字が、刻まれていました。。。
とうとう今日、マンションに帰ります!

待ちに待った?!家族4人の生活が、
いよいよ始まります。

じいじとばあばに、とってもかわいがられ、
まだまだ“主役”気分の詩月が、
放ったらかしにされることに、
甘んじてくれるのか・・・・。

2ヶ月間、上げ膳据え膳で、
家事から遠ざかっていたわたしが、
2人の子育てをしながら、
家事をこなすことができるのか・・・。

そして、
長いひとり暮らしで、
さらに、マイペース加減が増してしまったりゅうpapaが、
子供と嫁のいる生活に、順応することができるのか・・・。


などなど・・・、
不安なことがいっぱいだけれど、
とにかくやってみます!!!

今後のわたし達に、ご期待あれ!!!
今日も陽斗と一緒に母乳外来に行ってきた。

2週間前よりも、
母乳は出るようになってきたのだけれど、
まだまだ“完母”にはほど遠く・・・。

憧れていた母乳育児だけれど、
授乳のたびに、
お乳まみれ、汗まみれになることを知り、
ますます“ミルクでいいかあ。”と思う今日この頃。

助産師さんは、
「この調子だったら、大丈夫!」
と太鼓判を押してくれるのだけれど、
どうしてもその気になれないわたし。


今日は、必要がないということで、
おっぱいマッサージもなかったので、
“それなら、別に頑張って来ることもないか・・・。”
と、とうとう次の予約は取らず。


ごめんね、陽斗。
だけれど、ミルクで育ったお姉ちゃんは、
なんの問題もなく、すくすく育っているし、
大丈夫だよ?。。。
帝王切開で、長く入院していたのが、
功を奏したのか、
入院中、朝な夕な指導しに来てくれる、
助産師さんのお陰で、
詩月の時には出なかった母乳が、
少し出るようになった。

母乳には母乳、ミルクにはミルクのよさがあるから、
母乳が出るなら母乳を出して、
ミルクと混合でしていきたいなあと思い、
退院してからも、母乳外来に通うことに。


そして、今日がその1回目。


まだまだ、母乳だけでは足りず、
毎回ミルクを足さないといけないのが現状。

助産師さんいわく、
「母乳の分泌量は充分。
 赤ちゃんが大きくなって、
 上手に飲めるようになったら、
 母乳だけでいけるはず。
 それまでは、毎回搾乳して、
 分泌量が減らないようにしてみては・・・。」と。

母乳育児にはあこがれるけれど、
母乳外来に通う経費と、毎回搾乳の手間を考えると、
「ミルクでいいかあ。」なんて、思ってしまうわたし。

とりあえず、実家にいるうちは頑張ろうと、
次の予約もとって帰ってきたけれど、
いつまで頑張れるか、とっても不安。


陽斗、ママの意志がくじけてしまう前に、
早く大きくなってねえ?。


追記:
大きくなってねえ?。と言ってみたけれど、
実は、陽斗はどんどん大きくなっていて、
この時期、1日25gくらいしか増えない体重が、
55gも増えているようで、
看護師さんがすごく驚いて、
「もうこれ以上は、ミルクの量を増やさないでね?。」と。

でも、すごい飲みっぷりで、まだまだ欲しそうなんだけれど・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。