FC2ブログ

       たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
今日で、詩月も4歳!


お誕生日おめでとう!!!




この4月から、
幼稚園の年少さんになった詩月。


自由な園風?!が、
詩月にとってもマッチしたらしく、
毎日イキイキと過ごしている。


もちろん、生活習慣もばっちりで、
前の晩には、
明日着ていく服をコーディネートし、
朝は6時半に起床。
バスの時間の1時間前には、
身支度が完了している。



わたしが、着替えさせるまで、
パジャマでうろうろしていた2ヶ月前の詩月とは、
大違い。


それに、
好きなものしか入れていないとはいえ、
毎日お弁当もカラカラにしてくるし、
ホントに、とっても模範園児!!!




ただひとつ、気になることは・・・・。



さらに自由人に拍車がかかってしまっているということ。



その勢いは、
もう、誰にも止められない・・・・?!




そして、今日で4歳。


 hspace=4歳初の写真がこれ。。。


裸足でベランダに出た弟が、
洗面所で足を洗われているのを見て、

「おもしろそう!」

と思ったらしく、


わざと足を汚して、
洗面所に上がらせてもらった図。


思う存分水遊びができて、
超ご機嫌。。。



そう、詩月はこんなに自由人。



育てる方は、結構大変で、
ついつい怒ってしまうのだけれど、
それが詩月の魅力だと思うから、
やっぱり今年も、願わずにはいられない。



今のまま、天真爛漫に大きく育ってくれますように。。。
スポンサーサイト
先週から、
体調が思わしくない我が家の子供たち。



今日は、節分なのになあ。。。



それでも、
おすしは予約してあるし、
とりあえず、
いわしとお豆くらいは用意しておこうか・・・。



なんて、
テンションが上がりきらないわたしをよそに、
今日は、“豆まきの日”だとわかった詩月は、
「詩月が鬼をする!
 詩月は、青い鬼が好きやねん。」
と、とってもやる気?!


おもちゃのキーボードとカラオケセットを持ち出してきて、
マイクをわたしに渡し、
自分はキーボードの前にスタンバイ。


「詩月がピアノを弾くから、
 ママが歌って!」と。


もちろん、曲は『豆まき』



「おには外?、福は内?、
 パラッ、パラッ、パラッ、パラッ
 豆の音?、鬼はこっそり逃げていく?♪」


と何度も何度も熱唱。。。



 hspace=で、夕ご飯になると、
詩月は、想像以上に、
切っていない海苔巻きや、
いわしやお豆を食べる理由に興味津々。


きっと、食べないだろうと思っていたお豆も、
早々に4つ平らげ、
「詩月、4つ食べたで?。」と、大自慢。。。



そして、詩月よりも重症の陽斗は・・・。


胃腸も壊しているので、
海苔巻きやいわしはおあずけにして、
おうどんと煮物で夕食・・・・と思ったのだけれど、
おうどんを食べて、
お腹が少し落ち着いた頃、
テーブルを見渡し、海苔巻きを発見!

おもむろに海苔巻きを指差し、
「んー、んー。」
と言って、自ら食べたいことをアピール。


「陽斗は、お腹壊してるし、
 海苔巻きはないない。」
と言って、海苔巻きを陽斗の席から遠ざけると、
“言ってももらえない。”と悟った陽斗は、
律儀にも自分の椅子を抱え、
自ら席を移動。

海苔巻きの前に陣取る。


もう一度、お皿を取り上げると、
今度は詩月の海苔巻きの前に陣取り、
食べたいアピール。


そんなに食べたいのであれば・・・。


ということで、
結局、陽斗も控えめに、
海苔巻きといわしを堪能。。。




 hspace=そして、
いよいよメインイベントの“豆まき”


もちろん詩月が鬼役で、

「鬼はそと?!
 福はうち?!」


その後、しばし詩月とわたしで、
お豆の投げ合い。





 hspace=それを見ていた陽斗は、
最初はお豆を、
そして、次にブロックを・・・と、
そこら辺にあるものを、
次々とわたしに向かって投げ始めた。



なんだか、2年前の詩月を思い出すなあ。。。



だけれど、感慨にふけっている場合ではない!


痛いし、音は響き渡るし・・・。


ということで、
「あとは、パパが帰ってきてから?。」
と、早々にお豆遊びを切り上げ、
節分の日イベントは一旦終了。。。



というわけで、
終わってしまえば、
病気でも?!パパ不在でも?!、
結構楽しめた、節分だったのでした。。。


でも来年は、みんなで元気に、
節分イベントが楽しめますように!!



追記:

「はると、お豆食べてないから、
 鬼来るで?。どうする?」
と、寝るまで心配していた詩月。

やっぱり3歳。
鬼がちょっとだけ、こわいらしい(笑)

だから頑張って、
お豆ものりまきもいわしも食べたのかなあ。。。
今日から3連休!
なのに、いつものごとく、
なかなか計画が立てられいわたし達。
ようやく、今朝になって、
詩月の要望である“滑り台のあるところ”を検索し、
2時間近くかけて、
“子供の森”なるところに出かけることに・・・。



 hspace=途中、奈良公園を通るということで、
わたしと詩月だけ、
車を降りて、
しかにえさをあげることに。

けれど、
これは失敗。

動物が苦手なわたしは、
せんべいを詩月に託し、
「詩月、しかさんにおせんべいあげてごらん!」
と詩月に、すべてを丸投げ。

腰の引けている母親を目にして、
詩月がしかのところに行くわけがなく、
しかが、せんべい目当てによってくると、
「ぎゃーーーっ。こわい!!!」
と、涙を流してわたしの足にしがみつく始末。

で、結局、
投げるようにして、せんべいをあげて、
ものの5分でその場を退散。


この情けない出来事にリベンジすべく、
今度はりゅうpapaが、
しかの群れを見つけて詩月を連れて行く。

今度は、
さほど大騒ぎもせず、
しか見物が出来たよう。


やっぱり、親の影響って大きい。
詩月は最近、すっかり動物嫌いです。。。



 hspace=そして、とうとう目的地の“こどもの森”に到着。


なのに、なぜか、駐車場はガラガラ。

「なんで?これは、まさかのチョイスミス??」


そんな不安を抱きながら、
公園に向かっていくと、
やっぱり人っ子一人いない。。。

 hspace=何故?

でも、遊具はとってもおもしろそうなのに・・・。


とりあえず、東屋に陣取ってご飯を食べていると、
1組、2組の家族が集まってきた。


「そろそろ、わたしたちも、遊びに行こうか。」
と、遊具のほうへ行ってみると、
なかに、とってもにぎやかな一行。

そして、
その中のひとりの女の子(中学生くらい?)が、
何故だか詩月を気に入ってくれて、
「しづちゃん、こっちこっち!!」
と、遊んでくれ始めた。

あまりにもずーーと遊んでくれるので、
「ごめんね?いいの?」
と声をかけると、
「わたし、小さい子が好きなんで・・・。」
との返事。

ならば・・・、
ということで、結局帰るときまでお守り?!を任せてしまい、
ちょっとラッキー?!

詩月も親と遊ぶより、何倍も楽しそうだったしね!!



そして、帰り道。


なにやら行列の出来ている
『日本一おいしいたいやき』屋さんに立ち寄り、
カリカリのたいやきを堪能。
さらには、
『さいかラーメン』にも足を運び、
珍しくグルメちっくなことも楽しんだ、
3連休初日。


さあ、明日はどこにいくべしか。。。
 hspace=今日は、クリスマスイブ。


思い起こせば一年前。

ホテルのデリを頼み、
「詩月もいろんなものが、
 食べられるようになってるから、
 今年のクリスマスは、
 ご馳走を食べるぞ?!。」
と勢い込んでいたのにもかかわらず、
詩月が生まれてはじめての高熱を出し、
 hspace=お祝いどころではなくなってしまった。


今、思い返しても、
悲しい、悲しい想い出。



というわけで、
今年は、
2年越しのクリスマスイブ。


食事のメインは、
はじめて試みるローストチキンと、
詩月にもお手伝いしてもらったケーキ。


じいちゃん、ばあちゃんも交えて、
総勢6人で、メリークリスマス!!


あいにく、まだ“クリスマス”が
どういう日かわかっていない詩月。
サンタさんの話をしても、
ちんぷんかんぷん。

なので、
ケーキを見て、
「ハッピーバースデイ!」と大喜び。


自分の誕生日でないことは、
うっすらとわかっている様子だけれど、
じゃあ、誰の誕生日なのかもわからない。

・・・、わからないけれど、
そんな細かいことは、
全く気にしない2歳児詩月。


プレゼントもたくさんもらって、
とにかくご満悦。

楽しいひとときを過ごした。。。



来年くらいには、
クリスマスをお祝いする意味が、
わかるようになっているのかなあ・・・。
 hspace=今日は、
両方のおじいちゃん、おばあちゃんも揃って、
陽斗のお食い初めのお祝い。

“今日は、僕が主役!”
とばかりにおすまし?!の陽斗。

だけれど、
はじめての椅子には、
馴染みにくいようで、
もぞもぞ、もぞもぞ・・・。

 hspace=そして、
パパが何やら口に入れてくるものが、
嫌で、身をよじらせて、
拒否しているにもかかわらず、
主役の座を奪われて、
少々さみしんぼの詩月が、
すかさず、
お箸が上手に持てることをアピール!!

 hspace=パパと陽斗の間に割って入って、
陽斗にお赤飯の小豆を食べさせる。


確かに、
お箸で小豆がつかめるのは、
すごいと誉めてあげたいけれど、
舌で押し出しても押し出しても、
しつこく陽斗の口の中に、
小豆を入れようとする詩月。

ああ、主役だというのに、
今日も?!踏んだり蹴ったりの、
末っ子陽斗。。。

だけれど、
「一生食べることに困りませんように!」
というみんなの願いは、
きっと天に届いたはず!!


いろんなものを美味しく食べて、
丈夫な身体に育って頂戴ね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。