FC2ブログ

       たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
お風呂での話。


詩月が、いつになく一生懸命に、
顔をゴシゴシ洗っている。


にもかかわらず、そんなに泡立っていないので、
“ははーん、きっとわたしのクレンジングを使ったな?”
と思ったわたしは、
「詩月、なんで顔を洗ってるの?」
と聞いてみた。

もちろん、
「どの石鹸で洗ったのか」を聞きたかったのだけれど、
返ってきた答えは、


「顔色が悪いから!」


????


“なんのこと?”と思っていると、

詩月がもう一度、

「だから、詩月、お野菜食べないし、
 顔色悪いから、顔色よくなるかなあと思って、
 顔を洗ってるのよお!!!」

と言った。



なるほど。。。


2,3日前、
「陽斗に比べて、詩月の顔色が悪いような気がするのは、
 やっぱり野菜を食べないからかしら。
 気休めだけど、
 野菜ジュースでも飲ませてみようかなあ。」
なんて話を、りゅうpapaにしていたのを、
聞いていたからだ。



そのときは、
「やったあ!野菜ジュースが飲める!」
と大喜びしていた詩月だけれど、
やっぱり、少しは気になっていたのかしら・・・。


にしても、


“顔色が悪いから、顔を洗う”なんて。。。


最近、飛躍的に言葉数が増えて、
大人びたこともたくさん言うようになったけれど、
やっぱり3歳。
おもしろい発想をしてくれる。




と言うわけで、
お風呂場でしばし大笑い。



今日の疲れを吹き飛ばしてもらいました。。。
スポンサーサイト
 hspace=少し前のこと。

本屋さんに置いてあった、
“LaQ”というブロックにはまった詩月。

いくら待っても、
やめる気配はなく、
黙々とブロックを組み立てている。


その様子を見ていたりゅうpapaが、
「こんなに集中できるなら・・・。」
と、“LaQ”を購入。



その後、1、2回は、
パパと一緒に何かを作っていたけれど、
陽斗がすぐに邪魔するし、
なかなかじっくり取り組むことが、
できないでいた。




・・・・なのに。



いつ、どこで覚えたのか、
今日は、こんな素敵な“花”ができました!!!
 hspace=詩月は、4月から幼稚園の年少さん。


10月に入園が決まって以降、
週2,3日の慣らし保育が開始。


まだ、わたしと一緒の保育参加だけれど、
詩月はすっかり、幼稚園にも幼稚園児にも慣れて、
毎回、マイペースに自分のしたい活動をして、
 hspace=楽しんでいる。




4月まであと2ヶ月ちょっと、
新しい環境で、
詩月がどう成長していくか、
今からとても楽しみだなあ。。。
詩月のはじめてのおつかい、今日決行!!

もちろん、行き先は隣のたまごやさん。。。



パパがビデオ片手に、下でスタンバイ。


「準備OK!」の連絡を待って、
詩月がエレベーターに乗り込む。


お約束は2つ。


1.走らない。
2.車の道に出ない。


ちゃんと守れるかな?



しばらくして、パパからの連絡。

「詩月、でてきたけど、管理人さんと一緒や(笑)」



どうやら、ひとりでマンションを出て行く詩月を心配して、
ついてきてくれたよう。。。


ベランダから覗いてみると、
確かに、詩月の後を、管理人さんが・・・。


“悪いなあ?。”と思いながらも、
折角のはじめてのお遣いなので、
そのまま続行。。。


そして、なんとかたまごを買うことができた詩月は、
マンションに戻ってきて、インターホンを鳴らす。


もちろん、そのモニターにも
少し微笑んだ管理人さんの姿が(笑)。



後から見たビデオでわかったのですが、
なんとなく状況を察してくれていた管理人さんは、
詩月の1メートルくらい後を、
控えめに付き添ってくれていました。。。



その映像は、テレビの“はじめてのおつかい”そのまま。



もちろん、
詩月が、マンションに入った後、
すぐに、パパが管理人さんに説明とお礼。


本当に、お騒がせして申し訳ありませんでした。





そして、
お家に戻ってきた詩月はというと、
緊張のあまり、いつになく言葉数が少なめ。

けれど、とても充実した感じ。


で、パパにビデオを何回も見せてもらって、
にんまり笑顔。

特になんのコメントもしないけれど、
自分のした“すごいこと”を、
ビデオの映像を通して、
何回も確認しているかのよう。




頑張ったね、詩月。。。
 hspace=最近、お買い物に行くと、
お会計の時に、お金を払いたがる詩月。
あまり何度もお願いされるので、
マンションの隣の鳥やさんで、
自分でお金を払って、
たまごを買ってもらうことに。


この前、じいじにもらった赤いお財布に、
250円(←たまごの値段)を入れて、
いざ出陣!!!



いつも買いに行っている鳥やさんで、
「たまごくーださい!」は、
詩月の専売特許。。。

なのに、今日は、
お金のことで頭がいっぱいの詩月は、
お店のおじさんに
「いらっしゃい!」と言われても、
何も言わずに、
一生懸命、お財布からお金を出そうとしている。
 hspace=

わたしが、後ろから、
「詩月!何がほしいか言わないと!」
と声をかけると、
おじさんの方が察しって、
「たまごかな?」
といって、たまごを1パック、包んでくれた。


そして、
やっとお財布からお金を取り出して、
おじさんに渡した詩月。


なのに今度は、
たまごの袋を渡してもらっているのに、
受け取ろうとせずに、
お金を渡した右手を、開いたまま、
しばしフリーズ???



“あれ?”
と思って、詩月の顔を覗き込もうとしたら、
詩月がわたしを振り返り、


「お金がなくなっちゃった?!!!」
と半泣き顔?!



「あたりまえやん。
 今、お金払ったんやから。
 また入れてあげるから・・・。」
と、あわてて詩月をなだめ、
おじさんに苦笑い。


詩月も、それ以上は何も言わなかったので、
ホッとして、
おじさんにお礼を言って、
その場を立ち去るわたしたち。



自分でお勘定をした実感が、
後になって湧き出てきた詩月は、
帰る道々、得意満々の顔!!!

あんまり嬉しそうだったので、
その顔を写真に撮るべく、
携帯を向けたのだけれど、
ちょっと照れ隠しでこんな顔。。。


でも、本当にうれしそうだったよ!


詩月のもたもたさんに
付き合ってくれたおじさん、
ありがとうございました。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。