たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
箱車1お友達が、箱車で遊んだいたのを、
じーーっと見ていた詩月。
「これなら、わたしもできる!」
と思ったのか、
今日は、朝から箱車三昧。

かなり、得意げにニコニコしながら、
箱車を押して遊んている。

けれど、まだ方向転換はできないので、
何かにぶつかって動けなくなる度に、
振り返ってわたしを見る。

なので、その度に、
わたしは、詩月がこけない様に、
箱車2注意しながら、方向を変えてあげる。

なのに、
前に進めるようになった詩月は、
わたしに、方向転換をお願いしたことなんて、
すっかり忘れたかのように、
今度は、
「んっ!」
と言って、手を離せと怒る。

“なんなんだ、全く?”
と思いながらも、
こんなわがまま詩月に付き合うこと小一時間。

とうとう、
わたしの方が、くたびれて、
お遊び終了。。。


その後、わたしが床に寝転がって、
くつろいでいると、
詩月が寄ってきて、
背中によじ登ったり、つかまり立ちをしたりし始めた。

「遊んでよ!」
と言っているのかもしれないけれど、
それを、無視して横になり続ける。
すると、
急に詩月の重みがなくなって、身軽に・・・。

「とうとう、諦めて、
 どっかに行ったのか。」
と思い、詩月が乗っかっていた方を、
見てみると、
なんと、詩月が一人で立っている!!!

ほんの、5秒くらいで、
すぐにしりもちを付いたけれど、
確かに、立っていた!!!!

これって、箱車効果??

だとすると、箱車って、すごいぞ。。。
スポンサーサイト
ここ一ヶ月の間に、
別人のように、
よく食べるようになった詩月。

歯茎でのカミカミも上手になって、
鳥のささ身や、肉団子なんかも、
よく噛んで食べられるようになった。

量も、裕に子供用お茶碗一杯分は、
食べられるようになり、
その上、バナナを半分食べたりも
するようになった。

それから、
味覚も鋭くなってきて、
いわゆる“おいしい”ものしか
食べなくなった。

けれど、言い換えれば、
“おいしければ、食べてくれる。”
ということなので、
最近の離乳食作りは楽しい。


ご飯っておいしいよ!というわけで、
ノリノリの勢いに任せて、
遅ればせながら、
今日から、3回食を開始!!

朝食は、ごはんやおかずは、
あまり食べなかったけれど、
バナナはよく食べて、
量的には、まずまず。。。

お昼は、用意したご飯をぺろり。
果物も、たっぷり堪能!!

マグマグもいいねえ。。。夕食も、問題なく終了。
その後、ミルクをあげようとしたのだけれど、
なぜか、拒否。。。
その代わり、
マグマグでお茶を飲み始めた?!

三回食を始めたし、
ちょっと、お姉さんになった気分なのかしら???

でも、お茶は、ほとんど格好だけで、
その後、しっかりミルクも飲んだ。

歯ブラシは、好きなんだ!そして、最後に歯磨き。
最近は、歯磨き好きで、
歯ブラシを持たせると、
しばらく離さない。
けれど、仕上げ歯磨きは、
いつも大泣き!!!
仰向けで、
羽交い絞めにされての歯磨きは、
当分、誰にも見せれません??!!
日増しに、腕白さが増してくる詩月。
家の中にいると、
「それはダメ!これもダメ!!」
と、気がつけば、注意してばかり。

今日は、りゅうpapaも居たのだけれど、
詩月の腕白さに翻弄されて、ヘトヘト。

こうなると、
りゅうpapaもわたしも詩月も
全く持って、面白くない。

なので、
気分転換にと、近くの公園に出かけることに。
詩月にとっては、
はじめての公園。

楽しんでくれるかな?

とりあえず、
詩月を抱っこして、
シーソーや、滑り台で遊んでみる。

“楽しいかな?”
と、詩月の顔をうかがってみるけれど、
さして、楽しくもなさそう。

そうか、楽しくないのか・・・。

・・・・・。

そもそも、
ちびっ子に囲まれて、
遊具で遊ぶことに、
多少の恥ずかしさを感じていたわたしとりゅうpapa 。
詩月の無表情に間が持てなくなって、
15分も経たないうちに、
あえなく退散。
結局、お散歩がてら、近くのスーパーに行くことに。

うーーん、思うようには上手くいかないものだなあ。
昨日は、待ちに待ったホワイトデー。
りゅうpapaが、何を返してくれるかと、
楽しみにしていたわたし(と詩月?)。

夕食の支度をして、食卓につく。
“いただきます。”と同時に、
何が出てくるかと、ワクワク。。。

まずは、詩月に四角い赤い箱。

急いで開けてみると、
中から出てきたのは、
知育玩具。

「賢くなってくれ!」と。。。

そして、わたしには、
バームクーヘン。
(なぜに、こんなチョイスなのか・・・。)


とりあえず、
詩月におもちゃを渡して、遊ばせて見る。

新しいもの好きの詩月は、
早速、遊び始める。

このおもちゃ、
いろんなところに仕掛けられているポッチを
引っ張り出して、遊ぶものなのだけれど、
まだまだ指先が器用でない詩月は、
そのポッチが上手くつかめない。

それでも、何度かトライしていた詩月なのだけれど、
少々、イライラ。
そして、とうとうやっちゃいました。

“がぶりっ”

手よりも口のほうが、器用なんだもんね?!!
スイッチ見つけた!“何か面白いものはないかなあ。”
と、あたりを物色していた詩月。

ガスファンヒーターの
電源スイッチを発見!!!

ピッ、ピッ、ピッ・・・と、
かなり、得意げな顔をして、
電源を付けたり、切ったりし始めた。

“やれやれ”
と思いながらも、
「詩月ぃ?!!
 それはしたらダメ!!!」
と言って、
ガスファンヒーターから詩月を引き離すのだけれど、
1分もしないうちに、戻ってきては、
わたしの顔色を伺いつつも、
ピッピッピ・・・を、繰り返す。

そこで、必殺チャイルドロックボタンで、
ボタン操作を不能に。

“これで、どうだ!!”

音が鳴らなくなったボタンを、
“おかしいなあ?”
と言う顔をしながらも、しばらくは押し続ける詩月。

だけれども、
“やっぱりならない。”とあきらめた詩月は、
やっと、ガスファンヒーターから離れる。

よかった。よかった。
まだまだ、わたしのほうが、上手だね。。。
台所の入り口に、
突っ張り棒をつけられてしまった詩月は、
わたしが、台所に行くたびに、
突っ張り棒に掴まって、
ぶーーぶーーと文句を言っている。

今日の夕方も、かなりのブーイング。
それでも、相手にされないとあきらめた詩月は、
スタスタとおもちゃ箱のところへ。

絵本を持って、遊び始めた。

水の音がしても、レンジの音がしても、
わたしに背を向けたまま、
見向きもしない。

“やけに熱心に遊んでいるなあ。”
と思って、よーーく見てみると、
絵本をめくりながら、
「ないないないない、ばっ。」
「ないないないない、ばっ。」
と言っているではないか。

!!!!!

“なんてすばらしい!
 もう、本が読めるのか!!”
と、感激しきりで、
詩月を抱きしめる。

けれど、よくよくみてみると、
詩月がめくっていたのは、
『いないいないばあ』の本ではなく、
『いいおへんじ』の本。

しかも、その後、
携帯を持って、
「ないないないない、ばっ」
を繰り返している詩月を発見。

そうか、
やっぱり、そんなことなのか。。。
USJ 正面玄関今日は、ユニバーサルスタジオに行ってきた。

りゅうpapaは2回目だけれど、
わたしは初めてだったので、
とっても楽しみに、この日を待っていた。

・・・にもかかわらず、
日々の生活に追われ、
下調べを怠ってしまったために、
着いてから、
入り口でもらったパンフレットを頼りに、
今日のスケジュールを立てることに。

それでも、
なんとか詩月も楽しめるであろうショーと、
わたしたちが乗りたいアトラクションを
ピックアップ。


USJ ウォーターワールドまずは、りゅうpapaお勧めの
『ウォーターワールド』へ。
これは、野外でするショーなのだけれど、
火が爆発したり、水しぶきが飛び散ったりと
かなりの迫力。
詩月は、目で驚き、耳で驚き。。。
ちょっと、刺激的過ぎ。

今度こそ!
ということで、
次にまわったのは、
ミュージカル調の『ウィケッド』。
いわゆる「オズの魔法使い」のミュージカルなのだけれど、
これが、またすごい大音響!!
楽しむどころではない???
ちょうど眠たくなってきたときだったので、
詩月は、かなりの不機嫌に。。。

そんな詩月を見かねて、
「縦に揺らして、寝かせつけたら?」
というりゅうpapa。
その言葉に、
“こんなところで、寝れるかいな。”
と突っ込みながらも、とりあえず、
寝かしつけを試みる。

すると、
うそのように熟睡!!!

詩月は、やっぱり大物だなあ?!


その後、
いくつかのアトラクションをまわったのだけれど、
結局、詩月が楽しめたのは、
『アニメセレブレーション』という
映像のアトラクションと、
道端でしているショーと夜のパレード。

まあ、こんなにちっちゃくて、
これだけ楽しめればいいのだろうけれど、
もうちょっと、一緒に楽しめると思ったので、残念。

また、少し大きくなったら、
必ず行こう!!
突っ張り棒お台所が大好きな詩月。
わたしが台所に入ると、
決まって、ついてきて、
調理台のところで、
つかまり立ちをする。

はじめは、ただ、
わたしの傍にいれば、
満足だった詩月も、
ここ最近では、
ガスコンロのボタンを
押したがったり、
わたしがしていることを、
見せてほしいとせがんだり、
引き出しの中身を出したりと、
かなりのわんぱくぶりを
発揮するようになった。

なので、
今日、とうとう突っ張り棒を購入。
台所の入り口に設置!

これで、安心して家事ができる。

けれど、当分は、
「いれて!!」と、大騒ぎするんだろうなあ。
お酒祭り今日、地元で
『第一回 お酒祭り』
が開催されたので、
お酒が大好きな
みほmamaのおじいちゃんと連れ立って、
参加してきた。

“地元”で“第一回”ということもあって、
思っていた以上にこじんまりとしていたけれど、
合計40種類のお酒を飲み比べるという、
日ごろできないことができて、
わたしは満足。

改めて、
“お酒を飲み比べてみると、
 ひとつひとつ、味が違うものなんだなあ。。。”
と感心した。


そして、詩月はというと、
会場の隅っこで、大人しくお昼寝。。。

ごめんね、詩月。
20年後は、一緒に飲もう!!

それまで、この『酒祭り』が、
続いているといいんだけれど・・・。

無理かな???
ないないないないない“一芸”とまでは、いかないけれど、
最近、いないいないばあにはまっている詩月。

ついこの間までは、
いないいないばあをしてくれる人の顔を、
じっーーと見て、
笑っているだけだったのに、
いつの間にか、
顔を隠している相手の手を、
自分で払いのけるようになり、
ばっ!さらには、タオルやエプロンで、
自らいないいないばあをするようになった。

そして、「ないないないない」とか
「んーーばっ、んーーばっ」
という声まで、でるようになった。

だけれども、おかしなことに、
動作と言葉とを、
同時に行うことはできないらしく、
タオルで顔を隠しているときは、無言。
そして、伝い歩きをしているときなど、
いないいないばあとは、
関係ないときに、
いきなり、
「ばっ、ばっ」と言い出す。

あと、よくよく見てみると、
遊んでほしいときにも、
「ばっ、ばっ・・・」と、言うようだ。

詩月の中では、
遊んでもらう=いないいないばあ
という思いがあるのかもしれない・・・。

だとすれば、
そろそろ、新しい遊びを考えださなければ?!
正座寝うつぶせ寝が
大好きな詩月だけれど、
最近は、
さらにバージョンアップして、
正座をして寝るようになった。

“そんな寝方だとしんどいだろう。”
と思い、
姿勢を変えてみるのだけれど、
その度に、
「うーーーん。」
と大きな唸り声を上げて、
もとの姿勢に戻ってしまう。

“なんなんだ?
 やっぱり、これも父親譲り??”
と思い、
りゅうpapaに聞いて見ると、
「さすがにおれも、
 こんな寝方はしない!」と。

うーーん。
ならば、これは、詩月のオリジナル?
しんどいと思うんだけどなあ。。。
今日は、親戚の女の子が遊びに来てくれたので、
みんなで連れ立って、
一日観光に出かけた。

二条城まずは、
最近世界遺産に指定された二条城へ。
長い廊下を歩いて、
部屋を見て歩く。

その間、詩月は、りゅうpapaに抱っこされて、
お利口さんにしている。
なぜかしら、
“二重折上格天井”という、
幾何学模様(?)の天井が、気に入ったらしく、
ずーーっと、天井を見上げっぱなし。
何百年も前に描かれた天井から、
いったい何を感じとっているのだろう。


金閣寺そして、
次に向かったのは、金閣寺。
久しぶりに見た金閣寺は、
雨上がりということもあってか、
いつになく美しい。

その美しさに魅了され、
早速、金閣寺をバックに記念撮影。
なのに、詩月ときたら、
“きんきら”から目が離せなくなったようで、
なかなか、カメラ目線になってくれない。
仕方がないので、
わたしの頭で、詩月の頭をブロックして、
なんとか記念撮影に成功!

こんなに小さいうちから、
“きんきら”に興味があるなんて、
先が思いやられるなあ。。。
今日は、詩月の初節句。
両方のおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に、
りゅうpapaの実家でお食事会が開かれた。

ご馳走!!ちょうど、
わたしたちが食事を食べはじめる頃、
詩月が寝てくれたので、
久しぶりのご馳走を、
ゆっくり食べることができた。

そして、しばらくして
お昼寝から覚めた詩月は、
始終ご機嫌で、
おめかし詩月みーーんなにかわいがってもらって、
大満足の様子。

抱っこしてもらったり、
おしゃべりしたり、
木馬に乗せてもらったり…。

最近覚えた“いないいないばあ”を、
披露したり…。

できることは、すべて出し尽くした!!
という感じ。
まさに、“詩月のための一日”だった。

おじいちゃん、おばあちゃん、
本当にありがとう。

たくさんの愛情を受けて、
これからも、
元気にすくすく育ちますように。。。
9ヶ月も半ばを過ぎた詩月。
“後追い”が、一層激しくなってきた。

遊んでよ?大体が、こんな感じで、
わたしの足元から離れない。







わたしも、お外にでたいよ?そして、わたしが、
洗濯を干しているときは、
窓のサッシにつかまって、
覗き込む。





やっと開いた!!お風呂掃除をしているときは、
扉をがりがりしながら、
「ま、まーー。ま、まーー。」
と大騒ぎ。
やっと扉が開いたときには、
こんな顔。









掃除機、大好きなの!掃除機を
かけている時は、
置いていかれまいと、
コードを持って離さない。
掃除機が重たいなあと思って、
振り返ると、
詩月が掃除機につかまって
立っていることも。








そこにいたの!それから、
面白いのは、
時々、わたしを見失ってしまうようで、
家の中をきょろきょろしているときがあること。
そんなときに、
わたしが顔を覗かせると、
「そこかあ。」
という感じで駆け寄ってくる。

本当に、最近の詩月は、
“忠犬ハチ公”ならぬ、“忠児しづ公”だ。
わたしが行くところには、
どこへでも着いてくる。
そして、目があうと、
必ず満面の笑みで答えてくれる。

だから、
どんなに、面倒くさくても、
かまわずには、いられなくなる。

なんて、得な子なんだ。。。


だけれども、
頼むからお手柔らかにね?!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。