たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
やんちゃくれ・・・・今日は、りゅうpapaと三人で、
近くのホームセンターに行ってきた。

いつもは、
ベビーカーに大人しく
座っている詩月なのだけれど、
今日は、なんだか落ち着かない。

後ろにいるわたしを見ようと、
身体を思いっきり、ねじってみたり、
「あーーーっ!」と大きな声を上げてみたり…。

ベビーカーから、
降りたくて、仕方がないよう。

なので、抱っこしてみるのだけれど、
それでも、落ち着かない。

どうやら、床に下りたいらしい。

「歩けないのに、降りれないでしょう。」
と言う、両親の言葉には耳を貸さず、
「あーーっ(降ろして)!」
とひたすらうるさい詩月。

このうるささに根負けして、
前にりゅうPAPAの
おばあちゃんからもらっていた
靴を履かせて、立たせてみる。

すると、今までのごねっぷりがうその様に、
すっかり、上機嫌の詩月。
“いっち、に、いっち、に”
とベビーカーを押して歩き出す。

ひとしきり歩いたところで、
今度はなんと、ハイハイ。
きっと、ハイハイの方が速いことに、
気づいたのだろう。。。

けれど、さすがにこんなところで、
ハイハイはしてほしくない。

というわけで、
その後は、
抱っことベビーカーとカートを使いこなし、
なんとか買い物が終了。

はあ。。。


“こんなことなら、早く歩けるようになってほしい。。。”
と強く、強く思った、りゅうPAPAとわたしだった。
スポンサーサイト
チューリップ畑今日は、お友達と一緒に
植物園へ行ってきた。

わたしと詩月にとっては、
半年ぶりの植物園。
前に行ったときは、
詩月はまだお座りもできなくて、
木々のざわめきに、
圧倒されていたっけ。

チューリップ畑の前でけれど、
今回は、全く違う。
お出かけも、
木々のざわめきも全然平気!

ベビーカーから身を乗り出して、
余裕綽々の詩月。

こんな姿を見ていると、
“大きくなったもんだなあ。”
とあらためて、実感する。

今度来るときには、
歩けるようになってるかしら。

芝生広場にてきれいなお花を見て、
「きれいねえ。」
て、言えるようになってるかしら。

なんだか、
詩月の成長が楽しみになったひとときでした。
先週、リトミックの教室に辿り着けなかった日、
家に帰ってから、
先生にお詫びの電話を入れたところ、
「来週、一歳児クラスのリトミックがあるから、
 よかったら参加してみてはどうですか?」
というお誘いを受け、
今日、その一歳児クラスのリトミックに参加してきた。

参加者は、詩月を含めて3組の母子。
1歳9ヶ月の男の子と、1歳2ヶ月の女の子。

本来なら、詩月よりも一学年上のお友達。
なじめるかなあと、心配していたけれど、
教室に着くなり、
そのお友達とおもちゃで遊び始め、
ご機嫌の詩月。

“この分だと、リトミックも楽しくできるかな?”
と、油断したのがいけなかった。

詩月から離れて、
アンケートなどを記入していると、
わたしが側にいないことに気が付いた詩月が、
泣き出した。

慌てて戻るも、
運悪く、機嫌が直る前に、
リトミックが始まってしまい、
立ち直れていない詩月は、
わたしの胸に顔をうずめたまま、
どんどんとプログラムが進んでいく。

泣きこそしないものの、
折角の生のピアノ演奏も、
ちっとも楽しめないままで、
結局、最後の方で、やっと笑顔が出てきて、
お得意の“拍手”を2,3度披露したのみ。

“あ?あ。”
楽しみにしていただけに、
とっても残念なわたし。

そんなわたしの気持ちを知ってか知らずか、
「まだ、小さいし・・・・。」
「はじめの2,3回は、
 見てるだけのお子さんも多いんですよ。」
「泣かないだけ、かしこいですよ。」
なんて、一生懸命慰めてくれる先生方。

それに対して、
「そうなんですかあ。」
「そうですねえ。」
なんて、答えているわたしだけれど、
実際は、
“違う違う!
 タイミングが悪かっただけで、
 本当なら、すごい楽しめるはずなんです!”
と力説したいわたし。。。

詩月ぃ?!
汚名挽回!!
次回こそ、本領発揮!頼むよ?!!!
立てたよ?詩月が伝い歩きを始めて、早2ヶ月。

次のステップ、“ひとりたっち”
を心待ちにしているりゅうpapa(とわたし)。

「詩月は、もう立てるはず。
 本人にやる気がないだけや!」
とことあるごとに、繰り返している。

そんなパパの気持ちを知ってか知らずか、
一向に立とうとしない詩月。
寝返りの時も、お座りのときも、
ハイハイのときも、
あんなに努力を惜しまなかったのに、
今度ばかりは、全くといっていいほど、
やる気を見せない。

なんでだろう。。。

だけれど、
そんな詩月も、
2週間くらい前からは、
わたしが床に座っている時のみ、
すぐ側で立つようになった。
といっても、ほんの2、3秒で、
すぐに尻もちをつくし、
めったに立とうとはしない。
それでも、
本人は至って満足のようで、
尻もちをついた後、
「にまーーーっ。」と微笑んでいる。

“うーーーん、
 この分だと、
 当分立たないだろうなあ。”

・・・・・と、思った矢先、

突然、本当になんの前触れもなく、
本日、“ひとりたっち”成功!!

かなりのワイドベースだけれど、
確かに立っている!
そして、何度も何度も、
わたしが側にいなくても、
見事に立ち上がる。
10秒くらいは、立ち続けているかな?
なので、記念撮影もこの通り!!!


ああ、はやくこの勇姿をパパに見せてあげたいなあ。。。
今日は、ポリオの予防接種の日。
とってもよい天気だったので、
2駅先の保健所まで、歩いて行くことに。

道中、詩月は上機嫌。
ベビーカーから身を乗り出して、
あたりをじーーーっ。
ちょうど車窓の風景を見ているかのよう。
そして、時々、
「マ、マ、マ、なんなんなん。」
なんていう声を出したり、
「あーーーっ、あーーーーっ、
 うぉーーーっ。」
と雄たけび(?!)をあげたり。

30分の道のりだったけれど、
あっという間に、到着。

保健所はかなりの人でごった返し、
熱気むんむん。
赤ちゃんの鳴き声も響き渡っている。

そんななか、詩月はわたしに抱っこされて、
至って上機嫌。

順番待ちの間も、ニコニコ。
診察中も、二ッコニコ。

そして、30分の待機時間。

退屈でぐずるかと思いきや、
はじめの10分は、
周りの母子に愛想を振りまきまくり、
次の15分は、
“いないいないばあ”の絵本を、
ひたすらめくり続け、
最後の5分は
その絵本をわたしから取り上げて、
ひとりで遊び始めた。。。

というわけで、
魔の待機時間も、なんなく終了。

今回も、“ママ”の出番は必要なく、
とってもおりこうな詩月でした。。。
今日は、待ちに待った初リトミック!
10時半からのレッスンに間に合うように、
必死で朝の身支度と、
必要最小限の家事を済まし、
ばたばたと出発!
何とか15分前に着いて、
やれやれと一息・・・・・、

付くはずだったのに、

“あれ?教室がない!!!!!!”

なんと、
場所を完全に勘違いしていたようで、
思った所に、教室はあらず・・・。

あいにく、教室の連絡先を
控えていなかったので、
どうしようもできず、
ひたすら歩き回って、探す羽目に。

けれど、11時が過ぎても結局見つからず、
あえなく断念。。。

“ごめんね、詩月?。”

わたしが悪い!
うん、悪い!!!

けどねえ、このままでは、
気が治まらない。

なので、
お散歩がてら、
デパートまで歩いて行って、
“赤ちゃんスナック”という、
ベビーフードを食べさせてくれる喫茶店(?)に、
行くことにした。

詩月にとっては、はじめての外食!
“これで、許して?。”という感じ。

道中、ウィンドーショッピングを楽しみながら、
デパートに着き、
早速、“赤ちゃんスナック”へ。

赤ちゃんスナック2メニューを見ると、
“あれ、キューピー???
 なんだこれ?”

てっきり、手作りのベビーフードを
食べさせてくれると思っていたのだけれど、
実際は、お店で売っているベビーフードを、
ランチプレートに乗せて、
出してくれるだけだった。

赤ちゃんスナック1なんだ、ちょっと残念。

だけれど、
一食に4種類のベビーフードが食べれるし、
210円と安いから、
まあ、いいとしようか。

というわけで、
9、10ヶ月児用の
“すみれランチ”を頼み、
はじめての、外食タイム。

そして、見事に完食。

はじめてのレバーもおいしく食べれたし、
デザートのりんごゼリーも、
かなりおいしかったらしく、
詩月はニコニコ。

とりあえず、
詩月の笑顔が見られたということで、

終わりよければ、すべてよし!!!
詩月がベビーベッドでは、
落ち着いて寝られなくなって以来、
わたし達3人は、川の字になって寝ている。

部屋の一番奥が、わたし、
真ん中が、詩月、
手前が、りゅうpapa。

一応、詩月のお布団は敷いているけれど、
寝相の悪い詩月は、
とりあえず、
わたしとりゅうpapaの間には寝ているものの、
頭は、あっちゃ向いたり、請っちゃ向いたりで、
まっすぐ寝ていた試しはない。


そして、
一昨日の晩のこと、
いつものように3人で熟睡していると、
「ママ、ママ、ママ。」
という詩月の泣き声が。

起き上がって見てみると、
部屋の入り口付近を、
這っている詩月の姿が目に入る。

「詩月?ママこっち!」
と声をかけると、
慌ててわたしの方にやってくる。

どうやら、わたしを見失い、
本能的に、居間に向かおうとしていたらしい。

寝ている間に、
ぐるぐると回っているから、
わたしがどこに寝ているのか、
わからなくなるのだろうか。

そう思うと、
すごく、おかしい。

そして、
もっとおかしいのが、
わたしの方に、やってくるときに、
わざわざ、
りゅうpapaのお腹の上を乗り越えてくることだ。

何故に、そこから?
足元から来たほうが、よっぽど来やすいのに…。

そして、昨晩。
同じように、真夜中、
「ママ、ママ、ママ。」
と呼ぶ詩月の声が…。

目を開けると、やっぱり詩月は、ドアの所にいて、
わたしが呼びかけると、
やっぱり、同じように、
りゅうpapaのお腹の上を乗り越えて、
こっちにやってくる。

本当に、おかしすぎる。

わざわざ、
パパのお腹の上を乗り越えてくる詩月も
おかしいし、
「うーーーん。」と唸りながらも、
眠り続け、全く気が付いていないりゅうpapaも
おかしすぎる。。。


さて、今晩は、どうなるだろう。
“2度あることは、3度ある”だからなあ。

眠っているところを起こされたくはないけれど、
ちょっと、楽しみ。。。
待て待て遊び1今夜は、
りゅうpapaが、外食してくるとのこと。
なので、
夕食の支度もしなくていいし、
久しぶりに(?!)、
ゆっくり、ひとりの時間を楽しもうと、
雑誌まで買い込んできたわたし。

なのに、今日に限って、
おめめがパッチリの詩月。
待て待て遊び29時を過ぎても寝る気配がない。
それどころか、
ごそごそといたずらばかりしてくれる。

“ちょっと、疲れさせて、
 早く寝させよう!”
とたくらんだわたしは、
テーブルにつかまり立ちしている詩月を、
「待て待て!」
と言いながら、
追いかけてみる。

すると、思いの外、気に入ったようで、
伝い歩きで、必死で逃げはじめる詩月。

そして、
わたしに捕まえられた詩月は、
その瞬間、なんとも言えないうれしそうな顔に!

“えらいことはじめてしてしまったなあ。”
と少し、後悔しながらも、
詩月の期待を裏切る訳にはいかず、
同じことを、何度も繰り返すわたし。

さらには、
同じ方向ばかりだと、
目が回りそうになると思い、
時々、反対周りをしてみる。
すると、
これがまた、面白いようで、
さらにエキサイト!

これじゃあ、寝るどころか、
余計に目がさえるんじゃないか???

と思いながらも、
頑張って、膝立ち伝え歩きをし続ける。


その甲斐あってか、
その30分後、
まさかの熟睡!!!


よ?し!!!

今日も、頑張ったわたし!
今から、ゆっくり、
雑誌を読ませていただきます。。。
今日は、みほmamaのおばあちゃんが、
遊びに来てくれた。

わたしとおばあちゃんが、
3時のおやつ(?)を食べながら、
おしゃべりしている時のこと。

詩月がじーーーっと
わたし達の方を見て、
お口をもぐもぐし始めた。

「おやつあげてるの?」
「いや、まだあげてないけど」
「・・・・・。」
「・・・・・。」

そんな会話の最中も、
ひたすら、もぐもぐし続ける詩月。

ひとりで食べれるよ!そんなにほしいんだったらと、
赤ちゃん用のビスケットをあげてみる。

すると、とってもうれしそうに
しかも、かなり上手に、
ほう張りはじめた。
特に、ビスケットをかじる時の、
「かりっ」という音が気に入ったらしく、
かじる度に、にたーーっと、上機嫌。
2枚をぺろっと平らげた。


こんなことがあったので、
あまり積極的には進めていなかった、
手づかみ食べに挑戦してみようと思い、
ひとりで食べれるよ!第2弾夕食は、
マカロニを手づかみであげることに。

“ついこの間あげたときは、
 食べれなかったから、どうかなあ。”
なんて思っていたけれど、
なんのなんの、
とっても上手に食べ始めた。

むしゃむしゃ、むしゃむしゃと、
5本くらいは、食べたかなあ。

そして、最後に、
なんと、
ストローも「チューーッ!!」
ストローもね!
先週、やっと買ったストロー。
たまーに、上手く吸えるときもあるけれど、
こんなに上手に飲んだのはじめて。
60mlも飲んだ。

すごいなあ?。


手づかみ食べに、ストロー飲みと、
なんだか、今日は、
急成長の一日でした。。。
お弁当箱第一号やっと?!
春らしい気候が
続くようになった今日この頃。

お花見やピクニックのお誘いも
チラホラ。

そろそろ、
公園遊びも始めたいし…。

お弁当第一号!というわけで、
詩月用のお弁当箱と、
ランチバックを購入!!
(なぜかしら、マグケースも。。。)

はじめは、
子供らしいキャラクター物に
しようと思ったのだけれど、
“どうせ、2、3歳になったら、
 好きなキャラクターがでてくるかあ。”
と思い、
とりあえず、
大人が使えるシンプルなものにした。

そして、
今日、早速使用。

まだまだ、“お弁当箱”になんか
興味のない詩月は、
お弁当箱のふたを口に入れて
遊ぶのが関の山。

だけれど、
お友達のお弁当を見る度に、
“詩月も早くお弁当にしたいなあ。”
と思っていたわたしは、
大満足。。。

これぞ“自己満足!”
という感じだけれど、
子育てには、これが大事!!

あ??あ、
これからのお出かけが、
楽しみだなあ。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。