たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
くつろぎタイム1ここ最近、
ソワァーに登れるようになった詩月。

朝、気がつくと、
ソファーに、ちょこんと座って、
テレビを見ていたり、

夕方、台所にいるわたしを、
ソファーの背に寄りかかって、
眺めていたり…。
くつろぎタイム2
そして今日は、
お昼ごはんが終わって、
ちょっと眠たい時間帯、
最近お気に入りの
歌詞カードを持って、
ソファーでゴロゴロくつろぎタイム。

なんとも、大人顔負けのこの姿。
パパやママが、
ソファーでゴロゴロしてるのを、
しっかり見ていたのかなあ。。。
にしても、
結構、様になっている。
笑えるねえ。。。
スポンサーサイト
初のお世話突然、詩月にも“母性”が目覚めた?!

家事の合間、
ふと目をやると、
たくさん入っているおもちゃ箱から、
メルちゃんと
メルちゃんの哺乳瓶を見つけ出し、
ミルクをあげている詩月を発見!!

それ以来、
メルちゃんを抱っこして歩く
詩月の姿をよく目にするようになった。

今までは、メルちゃんの髪の毛を
わしづかみにしていたのに、
ちゃんと抱っこして、
よしよししてあげることもできるように。

こんなにちっちゃいのに、
やっぱり女の子、
お世話をしてあげるのも、
楽しいのかなあ。。。

今までは、100%、
ママやパパのお世話を受けることだけで、
満足していた詩月が、
お人形とはいえ、
自分以外の人(?!)に、目を向けて、
お世話をしてあげるなんて…。
なんだか、詩月の“自立”を見たようで、
なんとも言えない気分。

“こんな風に、
 詩月の独り立ちは、
 あっという間にやってくるのだろうか。”

ああ、考えただけで寂しい。。。
お手伝い最近、さすが女の子!と思うことが。
それは、
わたしのしていることを、
よーーく見ていて、
何でも真似てくれること、
そして、それが嵩じて、
お手伝いらしきことを、
たくさんしてくれること。

例えば、
掃除機をかけていると、
クイックルワイパーを持ち出して、
床の拭き掃除をしてくれる。

テーブルを拭いていると、
ティッシュやお尻ふきをとってきて、
一緒に拭いてくれる。

洗濯物を干していると、
洗濯ばさみを渡してくれる。

などなど…。

将来が、楽しみだなあ。。。
今日は、用事があって、
午前中、
詩月と二人、バスに乗ってお出かけ。


行きのバスでのこと。

最近、降車ボタンに興味を持ち始めた詩月。
お歌を歌って、気を紛らわせていたのにもかかわらず、
行きのバスでは、
必要のないときに、
降車ボタンを2回も押してしまい、
気まずい思いを…。


そして、
帰りのバスでのこと。

あと少しで12時という時間帯。
“15分で着くから。”と、
お菓子で誤魔化そうとしたのが、
そもそもの間違え。

空腹と眠たさの局地だった詩月が、
バスが出発するなりぐずりだした。
それも、尋常なぐずり方ではない。
お歌を歌っても、
立ち上がって抱っこしてみても、
一向に収まる気配がない。

いつもは、誰かが詩月の相手をしてくれるような、
アットホームバスなのに、
こんなときに限って、
みーんな知らん顔。

その雰囲気に居たたまれなくなり、
次の停留所で、無念のリタイア。

梅雨だというのに、カンカン照りの中、
泣き叫ぶ詩月を、
なんとかベビーカーに乗せて、歩き始める。

“ここは、一体どの辺りなんだろう。
 駅で言ったら、裕に二駅分はあるよなあ。
 このまま、歩き続けるべきか、
 近くの駅を探すべきか…。
 うーーん、どうしよう。”
なんて、思案していると、
5分も経たないうちに、
詩月が大人しくなり、
見事に熟睡。。。

“ああ、こんなにすぐに大人しくなるなら、
 もう少し、バスの中で、粘ればよかったかなあ。”

結局、
一停留所分歩いて、次のバスになることに。

今度は、
寝ている詩月とベビーカーをもっての昇降。
詩月が、再び目を覚まさなかったのが、
せめてもの救い。

そして、
なんとか、無事にマンションに辿り着いた。

“ああ、疲れた?。”


今日の教訓、
“1歳児を、甘く見てはいけません。
 空腹と眠気は、特に要注意!!”







キティ号1あんよができるようになってから、
マンションの廊下や
ベランダを歩くことが
大好きになった詩月。

朝は、ベランダで、
洗濯物を干すお手伝い。
夕方は、
マンションのエントランスに行って、
キティ号2
郵便物を取ってくるお手伝い。

最近では、
あんよも大分しっかりしてきたので、
隣のドラッグストアにも、
一人で歩いて行けるようになった。
ついこの間まで、
わたしの足や手を頼りにして、
歩いていたのに、
今では、手をつなごうとしたら、
払いのけられることもしばしば。

「一人で、歩けるの!」
といった感じなんだろうか…。
先に行っとくねえ?
そして、ドラッグストアに着くと、
大好きな“キティ号”にまっしぐら!
ハンドルを持って、レッツゴー!!

は、いいのだけれど、
途中で、立ったり、
ドアを開けたりするので、
いつも最後は、片手に詩月を抱っこして、
片手で“キティ号”を押す羽目に。

だけれど、
懲りずに毎回、
“キティ号”に乗せてしまう。
たぶん、そのうち、
鍵、持ってます!ちゃんと座ってくれるだろう。。。

それから、
家の鍵も大好きで、
マンションの入り口を開けると、
いつも
「あーーー!!(鍵を貸して!)」
と、大騒動。
部屋の前で、やっと持たせてもらうと、
大満足で、
しばらくは、鍵と鍵穴で遊んでいる。

なにが、そんなに楽しいやら。。。


というわけで、
今日の日課のお散歩も終了。

夏が終わるまで、
これくらいのお散歩で、
満足してくれていたら、
いいのだけれど。
そのうち、公園まで、足を伸ばさないと、
満足しなくなるんだろうなあ。。。

最近、パパと詩月との関係に異変が!!

なぜだか、とっても仲良しになった。

パパが帰ってくると、
「あっ!」と言って、玄関に飛んでいく。
そして、
パパが、手を洗ったり、
服を着替えたりしている間、
ずっと、パパの周りをうろうろ、
「はやく、遊んで?。」と言わんばかりに、
まとわりつく。

あんなに、嫌いだった、
“パパとのお風呂”も、
ニコニコしながら、入って行き、
ケタケタという楽しそうな笑い声が、
台所にいるわたしの所まで、
聞こえてくるほどになった。

“りゅうpapaの努力が、
 やっと報われて、よかったな?。
 わたしも手が空くし、助かるわあ。。。”
と思う反面、
“朝からずーーーっと面倒見ている
 わたしの立場は??”
と、少なからず、ジェラシーを感じたりして…。

よくよく思い返してみると、
お世話はたっぷりしてあげているけれど、
思う存分、遊んであげることは、
少ないのかも。

詩月にとって、
ママは、ご飯をくれる人、
パパは、遊んでくれる人、
になってしまったのかなあ。

うーーん、世のお母さん方、
そう思うと、なんだか切ないですね。。。
今日は、月に一回のリトミックの日。


地下鉄の駅を出て、
教室に向かっている途中で、
アシスタントの先生と遭遇。

「おはようございます!」
と声をかけると、
先生も覚えてくれていたようで、
「あら!おはようございます。
 詩月ちゃんだったわよねえ。」
と笑顔で答えてくれた。

なのに、詩月ときたら、
先生の顔を見るなり、大泣き!!

どこに行っても、
“愛想よし”の詩月なのに、
どうしたわけか、
リトミックとリトミックの先生は、苦手な様。
ああ、早く慣れてほしい。。。


こんな詩月の様子を、
考慮に入れてくれたのか、
今日は、
先月、詩月が唯一楽しめたプログラムから開始。

そのおかげか、
今日は、前回よりも数段ましで、
わたしから離れて、ヨチヨチ歩いたり、
先生の所へ、
ひとりでボールを取りにいったりすることができた。


“ああ、よかった。
 この分だと、夏ごろには、
 楽しめるようになるかなあ。。。”


ママのランチそして、
レッスンが終わった後は、
ママの楽しみ、“ランチ&ショッピング”

レッスンの後は、いつも
ベビーカーに乗るなり、熟睡してしまう詩月。

なので、今日もゆっくり、
ひとりでランチ。
“そういえば、詩月がお腹の中にいるときも、
検診の帰りに、ランチしてたよなあ。。。”
なんて、昔を懐かしんだりして…。

しばしのブレイクタイム。

詩月のランチ そうこうしているうちに、
詩月のお目覚め。
なので、
今度は詩月のランチタイム。

今日は、ベビーフードではなく、
カフェのパンと、かぼちゃのグラタンに挑戦。
焼きたてパンは、やっぱりおいしいようで、
なんの問題もなく、
モグモグとよく食べ完食!!

毎日毎日、
食事中は、てんてこまいで、大変だけれど、
こんなにちっちゃくても、
おいしいものを分かち合って食べられるって、
おいしいよ?やっぱりいいよなあ。。。

詩月、早く大きくなって、
一緒に、いろんなものが、
食べられるようになったらいいね!

お子様ランチの前で今日は、
“お誕生日会 第4弾”
ということで、
お友達と、
近くのハンバーグ屋さんに行ってきた。

最近できた、評判のお店で、
ハンバーグをお箸で割ると、
肉汁が、“これでもか!”
というくらいに出てくる。
家庭では、到底出せない絶品の味!

“お誕生日会だし…”
ケーキ
ということで、
詩月にもこの味を、
堪能させてあげることに。

案の定、
お味噌汁も、ご飯も、
ハンバーグも、よく食べて、
大満足!

(注:写真のお子様ランチは、
 お友達にお借りしたもの。
 おちびの詩月は、
 わたしの取り分けで十分満足)

麦藁帽子そして、
おいしいものを食べて、
お腹がいっぱいになった後は、
みんなでお友達のお宅へ。

とてもかわいい麦藁帽子と、
ハッピーバースデイの歌、
そして、
おいしいケーキもいただいて、
おまけに、
いっぱい遊んで、
いっぱい、お昼寝させてもらって、
今日も、楽しい一日だった。

みんな、どうもありがとう。。。
水やり好きです最近、詩月は、動作を真似るのが、
上手になった。

例えば、
ジョウロでお水をあげるマネ。

洗濯バサミを留めるマネ。

ピン留めを留めるマネ。

めがねをかけるマネ。

テーブルを拭くマネ。

などなど…。


見ていると、
とってもかわいいのだけれど、
わたしの髪の毛から、
無理やりピン止めを奪ったり、
りゅうpapaの顔から、
無理やりめがねを奪ったりと、
やり方は、かなり強引。

なので、
わたしの顔は、引っかかれるし、
りゅうpapaのめがねは、
見事に破壊されるし…で、
かわいさの裏には、
かなりのバトルが。。。

しかも、
無理やりピン止めを奪い返そうものなら、
「あーーーっ!!!!」
「ぎゃあーーー!!!!!」
と大騒ぎ。

で、初の“地団太”まで、ご披露。

ああ、
2、3年後が思いやられる。。。
ご馳走様!食事は、毎回サバイバル!

手づかみ食べをするようになって、
「やっと落ち着いたかあ。」
と思ったのも束の間、
“手づかみ食べがしやすいように”
と、野菜の炊き合わせばかり
食べさせていたのが、いけなかったのか、
全く、野菜を食べなくなった。

しかも、
詩月は、誰に似たのか、
かなりの気分屋で、
その時の気分に合わせて、
食べ方や、料理、使う道具まで、
変えてあげないと、気に入らないらしい。

なので、テーブルの上には、
まるで、
フランス料理のフルコースを
食べるかのように、
食器とスプーン類が勢ぞろい。
(これは、言いすぎ?)

現在は、
幼児用スプーンを右手に持ち、
左手でお肉やおにぎりを手づかみ食べ。
間に、お茶やお味噌汁を飲んで、
口の中を潤し、
野菜は、ご飯に混ぜて、
わたしがスプーンで食べさせる。
といった具合。
しかも、
わたし達と“同じもの”を食べたがるので、
「ママ達と、一緒だねえ?。」
なんて言いながら、
取り分けメニューも一品用意。

けれど、これも明日になったら、
どうなることやら。。。
で、トホホの毎日が続いている。


そんな中、唯一うれしいことが!

それは、詩月が、
“ご馳走様でした!”の合図で、
両手を合わせることが、
できるようになったこと。

これも、まだまだ確実ではないけれど、
これができるようになったら、
少しは、食事時間が楽になるかなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。