たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
くま太郎とねんね今日も、朝ごはんを食べた後、
ベランダでひと遊び。
そして、その後、
これも恒例、シャワーを浴びて、
リフレッシュ。

しばらくは、
ひとりで遊んでいたのだけれど、
眠たくなったのか、
わたしの傍に来て、
うにゃうにゃ言い始めた。

“眠たいのかなあ。”
と思いながらも、
お皿を洗い続けていると、
くま太郎とねんね2すぐにあきらめたようで、
再び、おもちゃ箱の方へ移動する詩月。

“どうするのだろう。”
と思ってみていると、
お気に入りの“童謡絵本”を持って、
くま太郎のところへ。

くま太郎の膝に座って、
童謡鑑賞の始まり。

そして、10分も経たないうちに、
そのままねんね。

なんとも気持ちよさそうな寝顔。

いつの間にか、
くま太郎とも仲良しになったんだねえ。。。
スポンサーサイト
午前中、わたしが家の用事をしていると、
スタスタと、居間を出ていく詩月の姿が。

しばらくしても、戻ってこない。

“どうしたんだろう。”
と思って覗きに行くと、
寝室の自分の布団で、
スヤスヤと寝ている詩月を発見!

“すごい。自分で寝に行ったんだ!!”
と、びっくりするわたし。

そして、夕方。
同じく、何も言わずに、
居間を出て行く詩月。

そっと覗くと、
やっぱり、布団でお昼寝中。

我が子ながらにして、あっぱれ!
1歳にして、一人で寝るとは…。
でも、ここまで手が掛からないと、
ちょっと、心配だったりして。


さらに、夜。
眠たそうにしている詩月に、
「ねんねしたら?」
と声をかけると、
またもや、
「おやすみなさい。」とお辞儀をして、
ひとりで居間を出て行ってしまう詩月。

そんな我が子の、後姿を見ながら、
「ほんまに、出て行ったで!
 これで、本当に寝たら、
 こわいよなあ。」
と、顔を見合わせるわたしとりゅうpapa。

しばらくの沈黙。

そして、
「ママ!ママ!」
と、わたしを呼ぶ、詩月の声が…。

「よかった。。。」
と安堵するわたし達。


もしかしたら、
これぐらいの月齢になったら、
ひとりで寝に行く子も、
いるのかもしれないけれど、
日ごろから、“手が掛からない”
と言われ続けているだけに、
“手が掛からない”ことが、
なんとなく心配で、
素直に喜べない自分がいる。

詩月、成長は、
“人並み”で、いいからね!
スイミングこの夏、詩月は、
ベビースイミングに通うことに。

全部で8回のスケジュールで、
今日が、その初日。

はじめはちょっと泣いて、
背中でぷかぷかするところで、
また泣いて、
最後に、お顔をつけるところで、
スイミング2大泣き。

でも、
その間は、結構、リラックスして、
楽しく泳ぐことができた。

25メートルのプールを、
親子で、行ったり来たりしながら、
みっちり1時間。
期待していたよりも、
ずっと楽しく、
詩月もはじめてにしては、
ご機嫌だったので、
母子共に満足。

参加して、大正解!!


この夏は、
スイミング三昧で、楽しめそう!!!
見てて!ジャングルジムの滑り台を、
自分で登って、
滑ることができるようになった。

自分でも、
とってもうれしいようで、
向きを変えて座れたところで、
必ず拍手してから、
滑り降りる。

うれしいから、
何度も何度も繰り返す。

そんな、姿がとても微笑ましかったので、
思わず“パチリ”
滑れたよ!

詩月、よかったね?。。。
甚平さん今日は、氏神様のお祭り。

詩月は、甚平さんを着て参加。

この甚平さん、
まだ、詩月がお腹の中にいるときに、
「かわいいねえ。」と言って、
おばあちゃんが買ってくれたもの。
去年の夏は、ぶかぶかで
服に着られている感じだったのに、
今年は、なんとジャストサイズに。

甚平姿の詩月を見て、
また、我が子の成長ぶりを実感。

夜店ああ、本当に大きくなったなあ。。。


今日は、あいにくの雨だったけれど、
神社に着くと、一時雨も止んだので、
その間に、夜店を散策。

りゅうpapaのおばあちゃんに、
光るおもちゃを買ってもらって、
ご機嫌の詩月。
雨の中、来た甲斐があったかな?




広州の空港にて

楽しかった旅行も、
あっという間に終わり、
今日は、最終日。

9時台の飛行機なので、
なんと7時前には、出発。

兄と、甥っ子ちゃんとは、
マンションの前でお別れ、
お姉さんの案内で、いざ、空港へ。

広州の空港にて詩月も、早く起こされたけれど、
特に機嫌も悪くなく、
空港で、ニコニコブレックファースト。

飛行機に乗り込んだところで、
30分、出発が遅れると言うことで、
そのまま待機。

“帰りは、ゆっくり寝てもらおうと、
 お薬入り牛乳を用意したのに…。
 30分も、じっとしてられるかなあ。”
なんていうわたしの心配はよそに、
離陸する前に、眠ってしまった詩月。

ああ、ありがたい。

穴挿し、成功!起きた後も、
行きと同様、ヘッドホンの先を、
穴に差し込む遊びに興じて、とてもご機嫌。




やったーっ!!





そして、あっと言う間に、着陸。

本当は、離陸のときに飲ますはずだった、
お薬入りの牛乳。
仕方がないので、着陸時に飲ますことに。

すると、効果覿面!!
それからまもなく熟睡。
そして、目覚めたのは、
なんとマンションの前。

すごいなあ。。。


一週間ぶりに、我が家に戻った詩月。
まずは、なつかしのおもちゃでひと遊び。
食取りもとってもよく、
用意したベビーフードは、ペロッと平らげて、
わたしのごはんを、
「あん!あん!」と催促。

とりあえず、今のところは、
旅の疲れもなく、元気、元気
で、一安心。


ああ、いろいろあった旅行。
1歳児を連れているとは思えないほどの、
充実内容。
これが実現できたのも、
ひとえに兄家族の協力のおかげ。
そして、詩月のたくましい体力と
安定した精神力のおかげ。

みんなみんな、
本当にありがとう。
明日からは、
気分を新たに、子育てに専念します。。。
今日の予定
甥っ子ちゃんのお見送り → お家で朝食
→ 市場見学 → 買い物三昧 → 
お粥屋さんで夕食


今日は、甥っ子ちゃんは学校で、
兄は仕事に出かけたので、
姉とわたしたち三人での、“お土産探し日”
となった。

時間節約のため、
今朝はお家で軽く朝食を済ませ、
早々に出発。

まずは、近くの市場から。
ここは、普段、
お姉さんが利用している市場で、
中国の日常が知りたいからと、
わたしがお願いして、
スケジュールに入れてもらったところだ。

果物屋さん一般の買い物客がいるなかで、
明らかに“物見由山”のわたし達。
ばつが悪いので、
それほどじっくりは見ていないけれど、
一見すると、とても活き活きした野菜に果物。
お魚も日本でいう海鮮市場のように、
並べられている。
お魚屋さん
“こんなに新鮮そうだけれど、
 野菜って、農薬がたくさんかかってるのかなあ。
 あ、だから逆に新鮮そうなのかあ。”
“お魚は、やっぱり生じゃあ、
 食べられないのかなあ。”
なんて思いながら、
そそくさとお店の前を通っていると、
お姉さんに声をかけられた。

「ほら、あそこ。」

ふと鶏屋さんに目を向けて、目にしたのは、
たくさんの“生きた”鶏。
そして、それをさばいている店員。
さらに、よく見ると、お魚屋さんでは、
蛙なんかもいたりして…。

うーーん、
やっぱり食文化は、かなり違いそう。。。


現地の暮らしを垣間見た私たちが、
次に向かったのは、駅の近くのビル。
ここでは、
お土産の小物やTシャツを買うことが目的。

ここで、お姉さんの韓国人のお友達とも合流。
このお友達は、韓国語はもとより、
中国語も日本語もぺらぺらで、
値段交渉をするのが当たり前の中国では、
かなり頼もしい存在!
おかげで、お目当てのものを
お値打ち価格で、お土産にすることができた。


そして、
そんな頼もしいお友達とも、
午前中でお別れし、
私たちが次に向かったのは、
なんと“ジャスコ”!

ここもわたしのリクエストで、
スケジュールに組み込んでもらったところ。
本当は、食品売り場なんかも
くまなく見て回りたかったのだけれど、
タイムアウトで、敢え無く断念。

急いでタクシーに乗り込み、
甥っ子ちゃんのお迎えへ。

朝からずっと、お買い物のお付き合いで、
ちっとも楽しくなかった(だろう)詩月は、
甥っ子ちゃんのスクールバスを待つ間に、
ベビーカーに乗って、お昼寝タイム。

お家に戻っても、目覚める様子がなく、
ベットで熟睡モード。

夕方は、
マンションのはす向かいのお茶屋さんと、
その裏手のスーパーで、
またまたお土産探しをしようと思っていたわたし達。

“詩月を起こして連れて行くべきか。
 でも、せっかく寝てるし…。
 多分、この様子だったら、あと1時間は寝てるだろう。
 よし、ここは甥っ子ちゃんに任せて、
 ちょっと走ってこようか。。。”

ということで、
今日も甥っ子ちゃんの力をお借りすることに。
「詩月が目覚めたら、すぐに電話してね!」
とお願いして、出発。
さすがに、のんびり夫婦の私たちも、
気が急く、気が急く。
急いで?!お目当てのお土産を購入し、
「よし帰ろう!」
と思ったとき、甥っ子ちゃんからの電話。

なんて、タイムリー!!

帰ってみると、
甥っ子ちゃんの横で、
機嫌よく遊んでいる詩月。
わたしの顔を見ても、
なんてことはなく、遊び続けている。

ああ、甥っ子ちゃんも詩月もありがとう。
明日で旅行も終わりだし、
そしたら、詩月孝行するからね?。。。


そして、最後の晩餐。
“おかゆやさん”へ。

海老、生きてます!“この旅行で、散々おかゆも食べてきて、
 どこのおかゆも美味しかったのだけれど、
 兄夫婦がイチオシで、
 しかもおかゆがメインのお料理って、
 どんなんだろう。”
と思っていたら、
おかゆのお鍋なんと、おかゆの鍋料理。
お米の形がなくなったとろとろのおかゆに、
お好みの魚介やお肉、野菜をいれて、
食べるというスタイル。
しかも、魚介類は、水槽の中から、
好きなものが選べるときたら、
美味しくないわけがない!

そして、極めつけは、最後の“ごはん”。
生姜や葱を入れて炊いたごはん。
そのまま食べても、かなり美味しいのに、
このご飯に、
魚介やお肉のエキスが、
いっぱい入っている鍋のおかゆをかけていただく。

これが、ほんとーーーに、美味しい!!

この何日間か、
まさにグルメツアーのごとく、
美味しいものを
たくさん食べさせてもらってきたけれど、
このご飯は、本当に絶品!!!
多分、日本じゃ味わえないだろう。。。

ああ、本当に、本当に幸せ!!!

まさに、最後の晩餐にふさわしいお料理。
ああ、美味しかった。。。
これだけ、美味しいものをお腹いっぱい食べたら、
日本に帰っても、当分、
フードコートで我慢できそう?!
今日の予定
甥っ子ちゃんのお見送り → ガーデンホテル見学
→ 飲茶で朝ごはん → 公園散策 → 
孫中山記念館見学 → 陳家書院見学 → 買い物
→ 広東料理屋さんで夕食


日本では、今日は休日だけれど、
中国では、平日。
なので、甥っ子ちゃんは学校へ。

メレンゲのお菓子みんなでお見送りした後、
朝ごはんを食べに、ご飯屋さんに。

ここのお料理も、美味!
ショウロンポウにおかゆ、
おいしかったなあ。。。

おいしいねえ!そして、このお店で有名な、
ピラミッドの形をしている
メレンゲのお菓子も堪能。
ふわふわで、不思議な食感。

「水が悪い。」と聞いていたから、
“食べ物が合うかなあ。”
なんて心配していたけれど、
今となっては、そんな心配は、一切ご無用。
もちろん、きれいで美味しいところばかり
セレクトしてくれているから、
当たり前なのだろうけれど、
何を食べても美味しくて、
日本の中国料理屋さんと違って、
少しも脂っこくないから、いくらでも食べられる。

それに、なんといっても詩月。
日本を出発するときには、
“詩月は、基本ベビーフードにして、
 できるだけ中国の物は食べさせないでおこう。”
なんて思っていたのに、
あまりの美味しさに、
ついつい、口に運ぶことが多くなって…。
麺もおかゆも飲茶も、
大好きになったよう。

しかも、少しもお腹を壊さない。
それどころか、
日本にいるときよりも、
ずっとよく食べるようになったので、
お通じもかなりよい。

快食・快便!!
まさに健康優良児!!!


陳家書院さて、
楽しい朝食の後は、
広州の観光地をいくつか散策。
その中で、一番気に入ったのが、“公園”。
有料の公園で、
大きな池の周りに、
遊歩道があったり、
公園に集う遊具や卓球場があったりと、
かなり広い。

そして、そこに集っているのは、
なんと“老人”達!
青空カラオケ、蹴鞠、卓球、
太極拳、などなど、
思い思いのことをして楽しんでいる。

「おお!これが中国か!!」と
カルチャーショックを受けたわたし達。
老人の中に、健全さと童心を見て、
一連の中国報道とのギャップに、
少々違和感を感じたりして…。


観光を済ました私たちが、
次に向かったのは、巨大な雑貨ビル。
ここで、お土産を探そうという手はず。

買うものは、大体決まっていたので、
すぐに済ませられるはずだったのに、
あまりに魅力的なものがたくさんあったので、
なかなか終わらない。

時間はどんどん過ぎ、
甥っ子ちゃんのお迎えの時間に…。

当初は、兄とりゅうpapaと詩月。
もしくは、兄とわたしと詩月。
が、先に帰ることになっていたのだけれど、
わたしもりゅうpapaも、
まだまだお店を回りたい。

そんなときに、神?!の一声。
「詩月ちゃん連れて、
 帰ってあげようか?」と兄。

「いいの?」
と何のためらいもなく、
兄に詩月をお願いすることにしたわたし達。

マガジンラックタクシーで帰っていく詩月の姿が、
愛おしかったのは、一瞬。
その後は、心置きなく、買い物を堪能。
お土産どころか、
我が家のマガジンラックまで購入。


買い物を終えて帰った私たちを
出迎えてくれたのは、笑顔の詩月。
兄いわく、甥っ子ちゃんの顔を見るまでは、
緊張していたらしい。

ああ、ここでも甥っ子ちゃんに、
助けられたのだなあ。。。
ありがとう!

そして、
お利口にお留守番してくれた詩月も
ほんと、ありがとう!!
おかげで、いい買い物ができたわ!!
今日の予定
飲茶の朝食 → ハーバーシティでお買い物
→ トラム乗車 → 翔太(お寿司)で昼食
→ 女人街でお買い物 → 広州着 →
雲南料理屋さんで夕食


フェリーの様子今日も快晴。
香港の名物、二階建てバスに乗って、
風景を楽しんだり、
女人街で、かわいいかばんを見つけたりで、
ママは、今日も旅行を満喫。

詩月はというと、
トラムからみた風景昨日の暑さが祟ったのか、
少々お疲れ気味で、
ぐずぐず言うことが増えた。

けれど、ありがたいことに、
中国と言うところは、
子供をとてもかわいがり、
女人街少々のことでは、
いやな顔をしたりしない。
(お姉さん談)
さらに、
中国人自体、何故だかうるさく、
結構、高級そうな料理店でも、
ざわざわしているので、
詩月のぐずぐずは、目立たない。

そのおかげで、
1歳児、子連れ旅行も、
心置きなく楽しめて、
感謝、感謝のわたしたち。


そんなぐずぐずの詩月も、
兄の自宅に戻り、ほっとしたのか、
広い居間で、甥っ子ちゃんに遊んでもらい、
大喜び。

実は、この甥っ子ちゃん、
この旅行の第一のキーパーソンになりそう。

やはり、子供は子供同士がいいのか、
詩月は、甥っ子ちゃんに会うなり、
とっても懐いてしまった。
一緒に遊んでもらったり、
お風呂に入ってもらったり…。
で、わたしがあやすより、
甥っ子ちゃんがあやしてくれるほうが、
いい笑顔を見せることもあって、
予定が滞りなく遂行できているのも、
甥っ子ちゃんの存在が、
かなり大きかったりするのだ。

ほんと、ありがとね?。。。

雲南料理店 踊りさて、そうこうしているうちに、
夕食タイム。
今日は、近くの雲南料理屋さんへ。
ここのお料理もとてもおいしく、
しかも、食事の途中で、
踊りや歌を披露してくれるので、
とても楽しい。
詩月も楽しい!!音楽好きの詩月は、もちろん、
曲に合わせて、お得意の踊りを披露。


そして、帰宅、お風呂、就寝。。。


旅行も折り返し地点、
よーーく寝て、明日に疲れを溜めないでね?。。。
スタンレー市場で、購入した花文字。

花文字それぞれの花文字には、
意味があるらしく、
“詩月”の文字に含まれている
花文字7つには、
以下の意味があるらしい。

  鳳凰=高貴

  鶴 =長生

  魚 =お金持ち
  
  喋喋=幸福

  古銭=お金持ち

  心 =愛する

  船 =成功する

こうして並べあげてみると、
すばらしい言葉ばかり。

文字の中だけでなく、
詩月自身の中に、
これらのことが見出せるような人に、
育ってくれたらなあ…。

なんて、少し欲張りかな???
今日の予定
広州 → 電車で香港 → 吉野家で昼ごはん
→ レパルスベイ見学 → スタンレー市場で買い物
→ 糖朝で晩御飯 → 香港泊


広州から香港までは、電車で1時間半あまり。
「広州に来て、香港にいかない手はない!」
という私の主張で、
今日から、一泊二日で香港見学をすることとなった。


香港、メインストリート本日は、聞きしに勝る快晴で、
あまりの湿度で、息が苦しいほど。
わたしは、帽子とサングラス、
日よけ手袋で完全武装。
詩月も、帽子とUVクリームで、
暑さ対策。

夜は、百万ドルの夜景“お願いだから、バテないでねえ。”


無事に香港に辿り着いたわたしたちは、
お昼ごはんを済ませた後、
フェリーと二階建てバスを乗り継いで、
レパルス・ベイと
偽ミッキー発見?!スタンレー市場を見学。
市場では、
記念にと“詩月”の花文字を書いてもらった。

そして、晩御飯は、
日本でも人気?!の『糖朝』本店へ。

かなりの人気らしく、
順番待ちの人で、ごった返していたのに、
なぜだか、わたしたちは、
すんなりと2階席に案内された。

“やっぱり、中国語が話せる人が、
 付いてるって、すごいね?。”

あーーんっ!そして、ここで、
本日一番の出来事が!!
それは、詩月が異常に麺を気に入ったこと。

食べても食べても、
「あーん。」と言って、催促してくる。
おわんに一杯分は、食べたのではないか…。
麺がなくなってしまっても、
おいしい?☆「まだ、食べたい!」と大騒ぎ。

そんな詩月を、
甥っ子ちゃんが、あやしてくれているうちに、
お待ちかねのデザートが!

糖朝ご自慢の、
『マンゴープリン』『マンゴーゼリー』
マンゴープリンとマンゴーゼリー
まだ、食べたりなくて、
うずうずしている詩月に、
「これは、おいしいよ?!」といって、
マンゴーを食べさせてみたのだけれど、
どういうわけか、マンゴーは、
お気に召さないらしく、
“いらない!”のポーズ。

やはり、詩月は、
炭水化物とたんぱく質好き。
旅行に来ても、
果物やおやつには、見向きもしませんかあ。。。

けれど、
心配していた食べ物なのに、
こんなに気に入って食べてくれるとは。
まずは、一安心。
後は、身体が受け付けてくれるか、
ということなのだけれど…。
うーーん、この様子だったら、
大丈夫かな??


楽しい夕食の後は、
香港語自慢の“百万ドルの夜景”
と言いたいところだけれど、
そこは、ぐっと我慢。
詩月のことも考えて、早々?!にホテルへ。


ここで、出張で上海に行っていた兄とも合流。
やっと、兄夫婦と甥っ子ちゃん、わたしたち3人の
総勢6人がそろった。


明日は、トラム観光とお買い物の予定。
まだまだ、先は長い!
明日も、晴れますように!!
いよいよ、広州に向けて出発。

当たり前のことだけれど、
1歳とはいえ、
詩月にもパスポートが必要で、
事前に旅券事務所で取得。

残念、ぼけてる?!なんど見ても笑える
“いっちょ前”の証明写真。
両親だけで楽しむのはもったいないので、
本題に入る前に、
まずは、この場をお借りして、
堂々初公開!!


ああ、やっぱり笑える。。。でしょ?


さて、ここからが本題。

詩月にとっては、
人生初の飛行機内での出来事。

3時間半、大人しくしていられるか。
ちゃんと耳抜きができるか。
など、心配の多い飛行機は、
わたしたち両親にとって、
この旅行、最初の難関!!

税関を通る前から、
“まずは、耳抜き!
 まずは、耳抜き!”
と頭の中で、何回も反芻していたわたし。

「耳抜きができない赤ちゃんは、
 離着陸のときに、飲み物を飲ませればいい。」
とお医者さんから聞いていたので、
座席に着くなり、早速準備。

そして、
あっと言う間に、準備OK!

なのに、肝心の飛行機の高度が、
なかなか上がらない。
哺乳瓶を目にした詩月は、
「早く、頂戴!」と大騒ぎし、
結局、飛行機が上がりきる前に、
飲み干してしまった。。。

さらに、悪いことに、
今度は、「飲み足りない!」と
ぎゃーーーっと雄たけびをあげる始末。

焦るわたしの横で、
「仕方がない、ちょっと早いけど、
 秘密兵器だ!」
と言って、りゅうpapaが、
かばんから取り出しのは、
『いないいないばあ』でおなじみの、
“わんわん”のぬいぐるみ。

泣く子も笑う、わんわん効果それを目にした詩月は、
急にニコニコし始めて、
5分と経たないうちに、
わんわんと一緒にみごと熟睡!

“やるじゃん!りゅうpapa!!”
と感激しきりのわたし。

その後、
詩月は、2時間近くも眠り続けたのだった。

穴が好きそして、
目が覚めた後も、
テレビのヘッドホンの先を、
穴に差し込む遊びにはまり、
機嫌よく遊んでくれ、
さらに、客室乗務員の人に、
「かわいい!」とおだてられ、
離陸まで、ご機嫌で過ごすことができた。


ああ、ほんとによかった。
これで、
最初の関門は、なんとかクリア!


広州の空港で、
お姉さんとも無事に再会し、
ほっと胸をなでおろすわたしたち。

よ?し、明日から、本格始動!!
おもいきり、楽しむぞ!!!
なんと、明日から家族3人で、海外旅行に出発!
行き先は、中国の広州。

中国、ましては広州なんて、
全く興味がなかったわたしだけれど、
一年半前、
兄が広州に海外赴任することが決まった時から、
「必ず一度は遊びに行こう!」
と心に誓い、ひそかにその時期を狙っていた。

そして、
とうとう、“その時”がやってきた!


折りしも、中国製品、中国食品の安全性が
疑問視されている今日、
1歳の詩月を連れて行くのは、忍びない。
けれど、
「今が、ベスト!」という思いは変えようがなく、
旅行は強行!!

それでも、やはり心配なので、
トランクに入るだけの、
ベビーフードとお茶、牛乳、
そして、たくさんの常備薬を詰め込み、
わたしなりの“最善”を尽くしてはみた。


あとは、
詩月の体力を信じるのみ!

それに、
お兄ちゃん家族の
全面的なサポート付きだし、
何とかなるだろう。。。

“百聞は、一見にしかず”

とりあえず、旅立ちます!!

明日から、5泊6日の旅。
素敵な旅行になりますように。。。
今日は、
子育て支援センターの子供祭りに行ってきた。

キーホルダー受付を済ませて、最初に向かったのは、
キーホルダーの受け渡し場所。
お祭りのイベントの一環として、
写真をキーホルダーにしてくれるということで、
事前に、詩月の顔写真を渡して、
申し込んでいたのだ。

規定のサイズ、ぎりぎりの大きさだったので、
かわいくできてるか心配だったけれど、
思ったよりも、ずっと立派にできていたので、
大満足。

初めてのボールプールそして、次に行ったのは、
ボールプール。
詩月は、初めての体験。
思うように身動きが取れないので、
少し緊張した雰囲気だったけれど、
色取りどりのボールが気に入ったようで、
一生懸命、手にとって眺めていた。








ノリノリ!!!お祭りの最後は、
近くの中学校の吹奏楽部による演奏会。

音楽好きの詩月は、ノリノリで、
いつのまにか、
わたしから離れて、
ひとりでニコニコ踊っている。

最近は、
手をひらひらさせるだけでなく、
右手を前後ろに振って、
腰をひねるのが、お決まりの踊り。

こんなにノッてくれたら、
吹奏楽部の人たちも、
さぞ喜んでくれたことだろう。。。


思ったよりも、楽しめた子供祭り、
来年も、また行こう!!
手づかみ最近、“自立心”が芽生えてきた詩月。
なんでも、“ひとりで”やりたがる。

ごはんも、
手づかみ食べだけでは、飽き足らず、
スプーンやフォークを使って、
“ひとりで”食べたがる。

頑張ってますなので、
おわんを持ってあげたり、
操作しやすいように、
手を持ってあげたりすると、
「ひとりで、できるの!」
と言わんばかりに、
わたしの手を押しのける。

だから、
“やれやれ”と思いつつも、
ひとりで食べるほうが、
真剣に、楽しそうに、たくさん食べるので、
仕方なく、詩月を見守っている今日この頃。


おすまし顔
そして、今朝。
“納豆ごはんって、ねばねばしてるから、
 スプーンでもすくいやすいんじゃない?”
なんて思いたち、
早速、施行!!

で、このあり様。
確かに、スプーンでは、
すくいやすそうだったけれど、
とにかく、そこらじゅうベタベタで、
かなり悲惨な状態。
詩月は、もちろん、
そのままお風呂場直行!!

ああ、夏で、本当によかった。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。