たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
今日は、お腹の赤ちゃんの超音波を、
映像に残してもらうために、病院へ。

いつもの産婦人科ではなく、
生理検査室での受診ということだったので、
「もしかして、3D?!」
と期待していたのだけれど、
いつものような白黒の2D。
けれど、産婦人科にある器械よりも、
ずっと性能がいいようで、
胎児がはっきりと見える。

まずは、赤ちゃんの顔。
目が2つに鼻、口。
あくびをしているところまで、はっきり。

心臓も4つの部屋に分かれているのが、
わかるし、
脊柱も、その一つ一つが確認できる。

はじめは、ひとつひとつの臓器と四肢を、
計測してくれ、
その後、ひとつひとつ、
何を見ているのかを、説明してくれた。

結果、足の指5本まですべて揃っていて、
順調に大きくなっているとのこと。

さらに、一番みたいと思っていた“男の子のシンボル”も、
はっきりと見えて、
「おおーーー!!」と大満足。


あんまりかまってあげられない2人目の赤ちゃんだけれど、
順調に立派に育ってくれてて、本当にうれしい。

ありがとうね?。。。
スポンサーサイト
苺第一号"昨日のこと。

待ちに待ったこの日!
ベランダの苺が、ひとつ、赤くなった!!!

「おーーっ!詩月ぃーー!!
 来てみて、苺赤いよお。」と、叫ぶと、
詩月もベランダに出てきて、
「苺、苺!」と大喜び?!

苺と一緒に"まあ、本当をいうと、
わたしが大騒ぎしているから、
なんとなく乗せられて、
喜んでいるだけのような気もするのだけれど、
取りあえず、記念撮影。

折角なので、
パパと一緒に試食するため、
収穫した苺は、ひとまず冷蔵庫に保管。


そして、今朝。
3人そろっての朝食時。

「じゃーん!」
と登場した苺一粒。

本当は、わたしも食べたかったのだけれど、
詩月に味わってもらおうと、
詩月の目の前に、お皿を置く。

「詩月、ベランダで取れた苺。
 昨日、採ったんだよねえ?。」
なんて、一生懸命盛り上げてみるのだけれど、
昨日のことは忘れてしまったのか、
収穫の喜びがいまいちわからないのか、
なんてこともなく、
普通に苺を食べてしまう詩月。

そして、「おいしい?」と聞いても、
「甘い?」と聞いても、いまいち反応が返ってこず。

傍らで、黙々と朝ごはんを食べているりゅうpapaも、
一緒になって盛り上げてくれるわけてもなく、
こちらも、
わたしにとっては、いまいちの反応。


あ?あ。

こんなことなら、
わたしが、収穫第一号の苺を食べればよかった。。。

きっと、そのほうが、苺ちゃんも喜んでくれたはず?!
ふらっと立ち寄った実家で、
いとこのお下がりの三輪車を、
目にした詩月。
興味津々で、三輪車にまたがるのだけれど、
まだまだ到底、乗りこなすことは難しそう。


今日は、近くのスーパーに買出しに行くくらいしか、
予定がなかったのだけれど、
折角、三輪車もあるのだから・・・
ということで、
最近できたという、
宝ヶ池の“子供の楽園”に行ってきた。

子供の楽園"まずは、
詩月が遊べそうな幼児用の遊具でひと遊び。














その後は、りゅうpapaと一緒に、
大型滑り台を滑ったり、
綱でできたジャングルジム(?!)に跨ってみたり・・・。


ブランコ"そして、
最近、やっと楽しめるようになったブランコにも、
自分で「乗る!」と言い張るので、
わざわざ並んで、乗ってみた。

・・・・が、怖かったらしく、
一瞬で、「降りる!降りる!」と。

あえなく断念。。。








三輪車"そして、いよいよ、お楽しみの三輪車。
ひとりでは、進むことすらできないのに、
ちょっとでも手伝おうとすると、
「ダメぇ、ダメぇ」
と大騒動。

なので、仕方なく、放っておくことに。

すると、少し乗っては、降りて、
ペダルを回し。
また少し乗っては、降りて、
車体の確認。


そして、最後には、
ペダルを無視し、
両足で地面を蹴って進みだした。

けれど、これがとってもお気に召したらしく、
ニコニコうれしそうに、
「ひゅーーーっ」
なんて言いながら、
勢いよく進んでいく。


で、
結局、全く進歩しなかった三輪車なのだけれど、
詩月は、とっても気に入ったらしく、
家に帰ってからも、
「三輪車!三輪車!」を連発。

こんなに物に執着した詩月を、
見たことがないくらい。。。


ならば、言いことを教えてあげよう!

明日も、パパはお休みだから、
また、乗せてもらおうね!!!
見立て"最近、詩月は、自分の描いた絵を、
何かに見立てて、伝えてくるようになった。

たとえば、
イチゴ、バナナ、みかん・・・。

かば、きつね、ブタ・・・など。


といっても、殆どの絵は同じで、
丸の中に、
短い線をいくつか引いたものなのだけれど。


絵を描くたびに、
「できた、できた!ぶた!!」
と喜んで、
自分の鼻を押さえて
「ぶう、ぶう。」
なんて言っている姿は、
無邪気でとてもいい。

そして、
近い将来、
「できた、できた!ママ!!」
と言ってくれる日が来るのかなあと思うと、
詩月が、お絵かきをはじめるたびに、
少しだけ、胸が高鳴るようになった(笑)。


果たして、
“ママ”第一号は、どんな絵なのか。。。

乞うご期待です!!!
今日は、お腹の赤ちゃんの検診日。

“待望の第二子!”
なのに、日々の生活に追われて、
なかなか、赤ちゃんのブログネタを書くことができず・・・。
“これも、二番目の子の宿命!許してねえ?。”
なんてことあるごとに、
お腹に向かって話しかけているのだけれど、
お腹の赤ちゃんも、
黙って無視され続けているつもりはないらしく、
詩月の時よりも、かなり激しい胎動で、
わたしに?!(それとも、詩月に?!)応戦してくる。


今日も、看護士さんにお腹の計測をしてもらっているときも、
ボコンっとひと蹴り!!
看護士さんもその勢いにびっくりして、
「おお!蹴ったね。すごいねえ。。。」と。

前回の検診で、
「多分、男の子かなあ。。。」
なんて言われたりもしているので、
それゆえの激しさかもしれないけれど・・・。

とにかく、
胎動があれば、安心安心。
しかも、今はお腹の上の方で、
ボコボコと動いてくれているので、
逆子ではなさそうだし・・・。



あと3ヶ月。
何事もなく、順調に育ってくれますように!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。