たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
今日は、詩月の2回目の誕生日。

アンパンマン好きの詩月のために、
アンパンマン尽くし?!の料理で、
ささやかにお祝いした。 

アンパンマンおにぎり"まずは、
先日、おば&甥にいただいた、
アンパンマン型で作ったおにぎり。








アンパンマンバーグ"そして、
テレビのアンパンマンクラブで紹介されていた、
アンパンマンのビッグバーグ。





2歳の詩月"2日前に、りゅうpapaのおじいちゃんが、
プレゼントとケーキを持って、
遊びに来てくれ、
ハッピーバースデイの歌を歌って、
一度お祝いをしているので、
ケーキをみたとたんに、
うきうきし始めた詩月は、
ハンバーグアンパンマンの、
ほっぺたをツンツン突付きながら、
アンパンマンの歌を歌ったり、
覚えたての
ハッピーバースデーの歌を歌ったりと、
かなりのハイテンション。

食欲も旺盛で、うれしい限り。。。


ローソクも消せるよ"そして、食後のケーキ。

電気を消して、
歌を歌って・・・・。

1歳の時はできなかったけれど、
2歳になった今日は、
歌も歌えるし、
「おめでとー!」とも言えるし、
ろうそくも、自分で消せるようになっているし・・・。

これだけでも、この1年の成長は、
大きかったのだなあと思う。


詩月、本当におめでとう!!


これからも、“天真爛漫”に、
すくすくと育っていってね!!!
スポンサーサイト
枚方パークのイベントで、
3月からアンパンマンショーが開催されている。

もう2ヶ月前から行きたいと思っていたそのイベントに、
今日、やっと行くことができた。

野外ステージでのショーで、
無料ということもあり、
あまり期待はできないなあと思っていたのだけれど、
会場に流れるアンパンマンの音楽に、
“アンパンマンの何かが始まる!”と感じ取った詩月は、
興味深々で、舞台に釘付け。


枚方パークアンパンマンショー"そして、ショーが始まっても、
詩月の視線は、ずーっと舞台の上で、
ニコニコと満足そう。





おもしろいね?!"








アンパンマンにサイン"ショーが終わったあとは、
アンパンマンの仲間たちとの
サイン会&握手会。






コキンちゃんと握手"少し腰が引けていた詩月だけれど、
ビデオには、
はにかんだ笑顔もちゃんと映っていて、
一安心。


もうすぐ赤ちゃんが産まれるから、
これからしばらく、
レジャーはお預けになりそうだけれど、
落ち着いたら、
今度は『アンパンマン電車』に乗りに行こうね?。

それまで、詩月のアンパンマンブームが続いていますように。。。
今日は、近くのスーパーへお買い物。
案の定、玄関で、
三輪車に跨って、降りようとしない詩月。

「今日は、お買い物だから、
 ベビーカーもって、歩いて行こう!」
と言っても、聞く耳を持たない。

・・・仕方ない。
行くしかないか。。。

とあきらめたわたしは、
「ちゃんと、三輪車に乗って行くんだよ?。」
と重々言い含め、出発。


すると、どうしたわけか、
本当にお利巧に三輪車に乗り続ける詩月。

いつもは、途中で降りて、自分で押してみたり、
ひとりで漕ぎたいからと、
わたしを三輪車から遠ざけたりするのに、
今日は、ご機嫌に三輪車に跨り、
押されるがままになっている。


そして、
帰りも、行きしな同様、三輪車に跨り上機嫌。

「お歌歌う?何にする?」
というわたしの問いかけに、
「アンパンマン!!」と元気よく答え、
一緒に「あん、あん、アンパンマーン・・・」
と歌う詩月。

“今日は、お利巧で助かった?。”
と思いながら、
アンパンマンの歌を高らかに歌いながら、
三輪車を押して歩くわたし。


すると、
マンションまで、あと100mというところで、
向かいからやってくる母子。


そして、
通りすがりに、そのお母さんが、
詩月を見ながら、
「・・・寝てはるわ。」と。


居眠り"・・・ん?

と思って、詩月の前に回って見ていると、
確かに寝ていた我が娘。

左右に揺れていたのは、
アンパンマンの歌に乗っていたわけではなく、
居眠りして、船を漕いでいたのだ。。。

そうか、よく考えてみたら、
途中で、詩月の歌声が、聞こえなくなっていたかも・・・。


にしても、よくこけずに三輪車に乗り続けていられるなあ。

おもしろすぎる。。。


「詩月?。」と、トントン叩いて起こしてみるものの、
どうしても目が開かない。

仕方なく、抱っこをして、帰ることに。

でも、その前に、
この器用な寝姿を激写!!!


詩月には悪いけど、何度見ても笑えるわ?。。。
今日は、逆子検診。

逆子になると、
毎週検診に行かなければならないので、
大変。。。


けれど、多分わたしの予想では、
元に戻っているはず。


お腹の赤ちゃん、
詩月の時とは違って、本当によく動く。
わたしが、横になるたびに、
“ドコドコドコ!”と動いて、体位を変える。
なので、胎動の位置も日替わり。

けど、確かに、今は元に戻っているはず。


診察室に入ると、
「どう?戻ってそう??」という先生の言葉。

「多分戻ってると思うんですけど・・・。」
と言いながら、
ベットに横になる。

すると、わたしのお臍の横に、
ぽっこり丸いものが。。。

「ん?これ頭じゃない??」と先生。
 
「えーーっ!?
 じゃあ、戻ってないんですかねえ。。。」
と苦笑いのわたし。


そして、
お腹に超音波を当ててもらうと、
「むむっ!なんだ?
 おっと、失礼!!
 この丸いのは、お尻だった。
 ちゃんと戻ってるよ。」 とのこと。


ああよかった。

でも、本当によく動くから、
また逆子ちゃんになる可能性もあるかも?!



出産間際まで、びくとも動かなかった詩月は、
産まれてきても、物事に動じない超マイペースな性格。

一方、お腹の赤ちゃんは、
くるくるとよく回る。

・・・ということは、
お腹の赤ちゃんは、少々落ち着きがない性格なのかな?!


果たして、どんな性格の子が産まれてくることやら。
今から、楽しみにしているわたしなのでした。。。
今日でゴールデンウィークも終わり。
天気もいいので、交通公園に行くことに。

少し高台に登ったら、
公園全体が見渡せる位の、
小さな公園だけれど、
「交通公園」というだけあって、
滑り台やジャングルジムの合間を縫って、
“道路”が張り巡らされ、
ゴーカートが走っている。
ちょっとしたサーキット場のようになっていて、
ちゃんと信号もある本格派。


トンネル"詩月は、お弁当を食べた後、
大好きな滑り台とトンネル、
電車の中に作られた図書館で、
ひと遊び。




交通公園"連休最終日ということもあって、
ゴーカートはかなりの長蛇の列。
・・・だったので、
“乗るのは次回”と思っていたのだけれど、
その頃になると、人が減っていて、
少し待てば乗れそうだったので、
結局乗ってみることに。

ゴーカート大好き!"遊園地にあるゴーカートと違って、
エンジン音もすごいし、
信号もちゃんとある。
そして、詩月の席にも、
カムフラージュのハンドル!!

なので、いつもよりも大興奮の詩月。


家に帰ってきても、
寝る間際まで、
「ブーブー、パパと乗ったね?。」
とハンドルを動かすまねをして、
とっても得意げ。


こうやって、少しづつ、
印象に残ったことが、記憶に残り、
楽しそうに何回も話してくれると、
連れていきがいがあるというもの。

パパは大変だけれど、
来週も、どこかに連れて行ってもらおうね?★
昨日から、1泊2日で、
わたしの実家に遊びに来ている。

詩月は、おじいちゃんのことを、
“じいじ”と呼んでいるけれど、
わたしやりゅうpapaは、
おじいちゃんのことを、
“お父さん”と呼んでいる。

それを、すかさず察知した詩月は、
わたしたちと一緒に、
“じいじ”のことを、
「おとーさーん!」と、
なんの違和感もなく、呼ぶようになり・・・。


はじめは、
「じいじは、ママのお父さんだから、
 ママはじいじのことを“お父さん”て、
 呼ぶんだけれど、
 詩月にとっては、おじいちゃんだから、
 “じいじ”って呼ばないと・・・。」
なんて、説明してみるのだけれど、
そんな難しいこと、詩月がわかる訳がない。

どうしたものかと考えて、
ふと、違うことが頭の中によぎる。


“そういえば、詩月、
 はっきりお父さんって言えるようになってる?!”


早速、りゅうpapaと相談して、
“ママ”“パパ”から、
“お母さん”“お父さん”と呼び方を変えることに。

詩月も、
「お父さんにしてもらって。」というと、
なんの躊躇もなく、
「お父しゃーーん、やって!」
というし、大きくなって修正するよりは、
今のうちに変えておくほうが、いいだろう。


・・・と思いながらも、
「お母さん」なんて、呼ばれると、
詩月が遠くに行った感じがして、
かなり寂しい。。。


とはいえ、
わたしもりゅうpapaも、
自分たちのことを
「お父さん」「お母さん」と言うことに、
まだまだ慣れておらず、
気がつけは、
「ママ」「パパ」と言っているし、
「お父さん」「お母さん」が、
我が家に定着するには、
もうしばらく、時間がかかりそう・・・?



ゆっくり、みんなで慣れていけばいいか。。。
昨日に引き続き、今日も病院へ。
今日は、いつもの検診日。


「昨日、超音波をしたから、
 今日は、内診だけにしましょう。」
と先生。

そして、内診中に、
「あれ?」という嫌?な先生の声。


「ちょっと、お腹触ってもいい?」

「なんか、胎動が低くなってない?」

「逆子になってるよ。」


きたーーーーーっ!!!!

やっぱり。。。

いつかこんな日が来るとは思っていたけれど、
昨日の今日で、逆子になるなんて・・・。

でも、なんとなく覚悟していたので、
特別な驚きもなく、
そして、詩月の時のような動揺もなく。

まだまだ予定日までには時間があるので、
今日から逆子体操頑張ります!!

赤ちゃん、でんぐり返り頑張ってね!


そして、詩月!
いざとなったら、あなたが、赤ちゃんに、
でんぐり返りの仕方を教えてあげてね?。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。