たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
今日は1ヶ月検診。

結果、とっても健康!

ただし、今日も「太りすぎ!」と・・・。

先生いわく、
「体重増加率が、標準の1.5倍だから、
 もうミルクを足さなくてもいいのでは?
 せめて、お昼はミルクなしでやってみは?」と。

でも、先生は、おっぱいを飲んだ後も、
休むことなく、口をパクパクさせている、
陽斗の姿を知らない。

「僕は、まだ、何にも飲ませてもらってません?!」
て感じで大暴れの陽斗の姿をみたら、
きっと、先生はこんなこと言わないはず・・・。

とはいえ、
「満腹感が出てくるのは、3ヶ月頃から。
 今は、あげたらあげるだけ飲むよ。」
なんて言われると、
やっぱり、これからは、控えめにミルクをあげようかなあ。
なんて思ったり。。。

ああ、2人目なのに、子育ては、悩むことがいっぱいだなあ。。。


<陽斗の1ヶ月目データ>
体重:4214g
身長:52.1cm
胸囲:36.5cm
頭位:37.9cm




スポンサーサイト
今日も陽斗と一緒に母乳外来に行ってきた。

2週間前よりも、
母乳は出るようになってきたのだけれど、
まだまだ“完母”にはほど遠く・・・。

憧れていた母乳育児だけれど、
授乳のたびに、
お乳まみれ、汗まみれになることを知り、
ますます“ミルクでいいかあ。”と思う今日この頃。

助産師さんは、
「この調子だったら、大丈夫!」
と太鼓判を押してくれるのだけれど、
どうしてもその気になれないわたし。


今日は、必要がないということで、
おっぱいマッサージもなかったので、
“それなら、別に頑張って来ることもないか・・・。”
と、とうとう次の予約は取らず。


ごめんね、陽斗。
だけれど、ミルクで育ったお姉ちゃんは、
なんの問題もなく、すくすく育っているし、
大丈夫だよ?。。。
陽斗、1ヶ月!"気がつけば、もうすぐ1ヶ月!

陽斗の顔が、
はっきり写っている写真を、
まだブログに載せていないことに
気がつき、
とりあえず撮影。

どうせなら1ヶ月目の陽斗を
撮影すればいいのだけれど、
忘れてしまってはいけないので・・・。


こうしてあらためてみると、
やっぱり“男の子”という顔をしている。
詩月に似ているような似ていないような・・・。

詩月は、産まれたときからパパそっくりだったけれど、
陽斗は、まだいまいち誰に似ているのかわからない?!


「男の子だし、どんな顔でも・・・。」
というのがりゅうpapaの意見。
けれど私は、できることなら、
わたし好みの?!ハンサムさんになって欲しい。。。

もちろん、遺伝子に逆らえないことは、
重々承知なのですが(笑)

プール遊び"夏日が続く、今日この頃。

週末に、パパが、
ビニールプールと水着を
持ってきてくれたので、
今日は、ベビーバス遊びはお預けで、
プールに入って遊ぶことに。

やっぱり、
雨、雨?"お日様の下で遊ぶほうが、楽しいようで、
詩月もご機嫌。

じょうろで“雨”を降らせて遊んだり、
容器にお水を注いで、
「はい、オレンジジュースが出来ました!」
なんて言って、
お店屋さんごっこを楽しんだり・・・。
はるくん、よしよし"詩月が少しずつ、
陽斗に関わり始めた。

例えば、
オムツを渡してくれたり、
哺乳瓶を運んできてくれたり・・・。

そして、授乳の時には、
「はるくん、よしよし。」と、
頭をなでたり、
ほっぺたをくっつけて、
「はるくん、すきすき!」と、
言ってみたり。

力が強いから、危なっかしいけれど、
こうやって、少しずつ仲良くしていってくれたら、
とってもうれしいなあ。。。
ショートカット"あせもがひどいので、
思い切ってショートカットにしました!

パパ作です。

意外に上手!!


そして、結構似合ってる?!
帝王切開で、長く入院していたのが、
功を奏したのか、
入院中、朝な夕な指導しに来てくれる、
助産師さんのお陰で、
詩月の時には出なかった母乳が、
少し出るようになった。

母乳には母乳、ミルクにはミルクのよさがあるから、
母乳が出るなら母乳を出して、
ミルクと混合でしていきたいなあと思い、
退院してからも、母乳外来に通うことに。


そして、今日がその1回目。


まだまだ、母乳だけでは足りず、
毎回ミルクを足さないといけないのが現状。

助産師さんいわく、
「母乳の分泌量は充分。
 赤ちゃんが大きくなって、
 上手に飲めるようになったら、
 母乳だけでいけるはず。
 それまでは、毎回搾乳して、
 分泌量が減らないようにしてみては・・・。」と。

母乳育児にはあこがれるけれど、
母乳外来に通う経費と、毎回搾乳の手間を考えると、
「ミルクでいいかあ。」なんて、思ってしまうわたし。

とりあえず、実家にいるうちは頑張ろうと、
次の予約もとって帰ってきたけれど、
いつまで頑張れるか、とっても不安。


陽斗、ママの意志がくじけてしまう前に、
早く大きくなってねえ?。


追記:
大きくなってねえ?。と言ってみたけれど、
実は、陽斗はどんどん大きくなっていて、
この時期、1日25gくらいしか増えない体重が、
55gも増えているようで、
看護師さんがすごく驚いて、
「もうこれ以上は、ミルクの量を増やさないでね?。」と。

でも、すごい飲みっぷりで、まだまだ欲しそうなんだけれど・・・。
陽斗の存在を、
なかなか受け入れられない詩月。

授乳と沐浴以外は、
殆んど陽斗は、じいじとばあばが、
面倒を見てくれているのに、
そのわずかな時間すら、
許せないようで、
授乳のときは、
「ママ抱っこして?。」と言って、
わたしの背中に負ぶさったり、
足にしがみついてきたりする。

そして、沐浴のときは、
「詩月も入る?。」と言って、
服を脱がせろと大騒動。


なので、
「順番!陽君の次が詩月!」
というのがわたしの口癖になり、
詩月も幼いながらに、
我慢しなければと思うようで、
「順番!順番!」と言って、
待つようになった。

次は詩月!
最近は,毎日、陽斗の後に、
ベビーバスで
水遊びすることが日課に。

夏だからちょうどいいけれど、
一度入ると、楽しくて、
なかなか上がってくれないのがたまに傷?!
わたしが、里帰りして始めての週末。
1週間ぶりのパパとの再会に、
大喜びの詩月。

だから、
少しでもパパが陽斗を抱こうものなら、
「ママが抱っこ!」
と言って、陽斗をわたしに押し付け、
パパを独占しようとする。


詩月の気持ちもわからないでもないけど・・・。


実家に身を寄せて以来、
どうしたわけか、
“新生児のお手本”みたいになった陽斗。
授乳とおむつ交換以外は、
ちっともぐずらず、スヤスヤとベットでおやすみ。
夜も3時間おきにしか起きない。

なのに、そのわずかな授乳時間ですら、
許せない詩月は、
陽斗が泣くと、イライラ、グズグズ・・・。


というわけで、
陽斗とのまったり時間が
殆んどもてないりゅうpapa 。


パパと沐浴"けれど、かろうじて、
沐浴だけは参加。

2年ぶりの沐浴で、
慣れない手つきのりゅうpapa 。
それでも、気持ち良さそうに、
パパの手に身をゆだねる陽斗。

パパと沐浴2"
この人が、パパだよ?!!


詩月の時みたいに、
陽斗の一挙手一投足に、
一喜一憂してあげられないパパとママだけど、
ちゃんと大事に思っているからね!
だから、お願い、
“サイレントベイビー”には、ならないでね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。