たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
 hspace=少し前のことだけれど・・・。


パパに届いた小包のパッケージを、
はさみで切り刻んで遊んでいた詩月。

何を思ったか、
突然、サインペンを取り出してきて、
丸をぐりぐり。

そして、
「できた!ぞうさん!!」


!!!!

確かに、それは、“ぞうさん”

サインペンで書いた丸は、
ぞうさんのお目目。
しかも、ちゃんと裏側にも、
お目目が書かれている。

親バカながらに、
とっても感動。。。


この日以来、
コップの模様や、雲の形、
ビニール袋を見て、

「車みたい。」
「カレーパンマンみたい。」と、
見立てることが好きになった詩月。


そう言われてみると、
確かに、車みたいだし、
カレーパンマンみたいだし・・・。



今まで、なんとはなしに見ていたものが、
詩月の言葉で、
いろんなものに見えてくる。

こんな風に、物や模様を見ることができたら、
楽しいだろうなあと思ったり。。。


こどもの想像力は、ホントに偉大だなあ。。。
スポンサーサイト
 hspace=抱っこ大好きで、甘えん坊の陽斗。

“努力”という言葉を知らないのではないか、
と思っていたのだけれど、
4ヶ月1日目の今日、
突然、寝返る“努力”をし始めた。


“おおっ!!
 陽斗も頑張るか?!!!”
 hspace=と思って、しばらく見守っていたけれど、
まだ、どうしても寝返れない。

なので、
少しお手伝い。


手伝ってもらっても、
0歳児の陽斗は、
何の疑いもなく、
うつぶせになれたことを、
ニコニコと素直に喜んでいる。


この様子だと、
ひとりで寝返るようになるまでには、
もうしばらくかかりそう。。。



にしても、
寝返る練習1つにしても、
詩月と陽斗では、
随分と違う。

詩月は、
「うーーん。うーーん。」
と、踏ん張り声で頑張っていたのに、
一方の陽斗は、
「うわーーーん。うわーーーん。」
と、泣いているかのような、大絶叫。


兄弟なのにこの違い。

ホントにおもしろい。。。
 hspace=詩月は、“お出かけ”の雰囲気を感じ取ると、
「ぼうし、ぼうし!!」
「かばん、かばん!!!」
と、わたしが何も言わないうちに、
いそいそと、自分の身支度を始める。


そして、
はじめのうちは、
空のまま持っていたポシェットにも、
いつのまにか、中身が入るように。

何を入れるかは、
その日によって、変わるのだけれど、
例えば、おもちゃの携帯だったり、
アンパンマンの人形だったり・・・・。



そして、今日のお出かけの時も、
いち早く、ぼうしとかばんを身につけ、
さらに、
先週買ったお気に入りの“長靴”を履いて、
玄関にスタンバイ!



今も変わらずお気に入りの三輪車に跨って、
近くの銀行にレッツゴー!!


もう少しで、到着と言うときに、
なんと、陽斗がミルクを吐いた。



“あーーーーっ!”


こんなときに限って、
ハンカチもティッシュも持っていなかったわたし。


わざわざ帰る気にもなれず、
どうしたものかと考えているとき、
ふと、詩月のかばんが目に留まり、
ダメで元々、
「詩月、ティッシュもってない?」
と、聞いてみた。

すると、
「はい、はい!」
とふたつ返事で、
詩月が、ポシェットのファスナーを開け始めた!?


“ホントに、持ってるの?”
と、疑いながら、見ていると、
本当に、赤いハンカチが。



おお!すばらしい。。。


これは、数日前から詩月が持ち歩いてる、
ホラーマンのハンカチ!!!


寝るときも枕にしてるくらい、お気に入りなので、
汚したら怒るかなあと思ったけれど、
意外にも、詩月は太っ腹で、
気持ちよく、ハンカチを提供してくれた。


ああ、ありがたい。。。



やっぱり、
持つべきものは、しっかり者の娘です!!!

今日は、陽斗の予防注射、BCGの日。

詩月をじいちゃん、ばあちゃんに預かってもらって、
わたしは、陽斗とふたり、保健所へ。


スリングに収まって、抱っこされている陽斗は、
“僕、しあわせ?”といった感じで、
ふにゃーっと、気持ちよさそうにまどろんでいる。

バスの中も、保健所についてからも、
それは、変わらない。

唯一、「ひーーん!」と声をあげて泣いたのは、
注射をされる瞬間だけ・・・。

それも、痛かったからというよりも、
居心地のいい体勢を、換えられたから、
という理由の方が、勝っていたようで、
注射が終わって、元の“縦抱き抱っこ”に戻ったとたん、
また、もとのような幸せいっぱいのお顔に。。。


なんて、おこちゃまだ。。。

そんなに、抱っこが好きなのか・・・。



ン?

それとも、日ごろ、そんなに抱っこしてあげてないのか???



そういえば、泣いてるのに、放って置かれることが多かったりする?????



なんて、
日ごろの育児振りを
あらためて考えさせられた一日だったのでした。。。
 hspace=わたしがたまごを割っているのを、
見ていた詩月。


「わたしも、たまご割る?!」


言い出したら、聞かないので、
“一度失敗したら、わかるだろう。”と思い、
詩月の前に、
ボウルとたまごを置く。


さすが、模倣のプロ!

見よう見まねで、
たまごを、“コンコン”

そして、

“パカっ”


おーーー!

上手に割れてしまった。。。

得意げな詩月を目の前に、
関心半分、不安半分。


これから、益々、
たまごを割りたがるのだろうなあ・・・。
 hspace=いつの間にか、
指しゃぶりが上手になった陽斗。



そして、
隣りで、
同じように手をグーにして、
手をしゃぶっている詩月。


・・・気づかなかったことに、
しておこう。。。
 hspace=最近、お料理が好きになった詩月。

わたしが台所に入ると、
すかさず付いてきて、
米びつにしているタッパーを
踏み台にして、
わたしの手元を“じーーっ!”

そして、決まって、
「詩月もするーー!」
 hspace=「まぜまぜするぅ。」
「貸して、貸してぇ。」

なので、
毎回、少しお手伝い。

今日は、
チーズを乗せるお手伝いを
頼んだのだけれど、
チーズ好きの詩月、
乗せる前に、
どんどん自分の口にチーズを運ぶ。


「詩月、つまみ食いは、ダメ?。」
「はーい。」

なのに、
どうしても、つまみ食いがやめられない?!

まだまだ、やっぱり、
詩月は、“2歳”なのでした。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。