たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
 hspace=「今日は、どこに行くの??」
という詩月の催促の声に押されて、
自転車&ベビーカーでお散歩に出かけた。



途中、桜のトンネルを通ったのだけれど、
ほんの2,3日のうちに、
すっかり葉桜。



けれど、
風が吹くたびに、
花びらが吹雪のように舞うので、
これはこれで、
風流かもしれない。

と思いながら、

ちょうど、
ぽかぽか陽気が心地よかったのか、
陽斗が熟睡していたので、
 hspace=詩月と一緒に、
花びら拾い。

「後で、画用紙に貼ろう!」
なんて言いながら、
ティッシュに包み、
“マイバック”の中へ。


そして、公園とコンビニによって、
無事帰宅。



昼ごはんを食べて、お昼寝をしたあと、
ふと思い出したかのように、
今朝の花びらを取り出してきた詩月。


「ママ?。これ画用紙に貼ろう!」と。


よく覚えてたなあと思いながら、
画用紙に茶色の色鉛筆で、
木の幹をかいて、
桜の花びらをノリで貼り付けたわたし。

「ほら、こうして貼っていった桜の木みたいに、
 なるでしょう。」


わかったのかどうかは、わからないけれど、
一応、わたしと同じように、
桜の花びらを画用紙に貼りはじめた詩月。


だけれど、
桜の花びらよりも、
画用紙と色鉛筆、はさみの方に触発された詩月は、
なにやら画用紙を切り始め、
「ほら、アンパンマン!」
「これは、ねこちゃんみたい!」
といって、いろんなものを作り始めた。


確かに、そっちの方がおもしろそう。


やっぱり、桜の花びらは、
外で拾っているときが一番きれいだった。

家に帰って、再び広げてみたら、
なんだか別物のように、
色あせていた。



花びらも生きているのかもしれないなあ。。。
スポンサーサイト
先週火曜日の夜中、
陽斗が高熱を出した。

かなりしんどいようで、
寝付かれず、ぐずぐず言っている。

体温計で計ってみると、39.6度。


少し様子を見ていたのだけれど、
寝付かれないようなので、
座薬を入れることに。


すると、しばらくして大汗をかき、
すーーっと熱が下がった!!!


やれやれ。。。


そして、夜が明けて水曜日。

お昼過ぎると、薬の効力が切れてきたのか、
また熱が上がってきた。

あいにく、今日はかかりつけのお医者さんの休診日。

どうしようか迷ったけれど、
座薬もないので、別のお医者さんにかかることに。

で、診断は、
「インフルエンザではないでしょう。
 多分風邪です。」
とのこと。

座薬ももらえたので、
わたしとしては、
病名はあまり気にせず帰宅。



そして、時が過ぎて金曜日の朝。

陽斗の熱がまだ下がらないので、
週末前にと思って、
今度はかかりつけのお医者さんを受診。

すると、
「風邪だったら、もう熱は下がっていいくらいなのに、
 長引いているのはおかしい。
 もしかしたら、細菌感染しているかもしれないので、
 原因を調べるために、血液検査をしましょう。」とのこと。

そして、その結果言われたのが、
「インフルエンザか、突発性発疹か、はしか特有の数値が出ている。
 突発もはしかも、2、3日で熱は下がって、
 今頃は発疹がでているころだから、
 きっとインフルエンザでしょう。」


!!!!

インフルエンザって・・・・。
この数日の間、どれだけの人と接触してると思ってるのよ?!!

と動揺を隠しきれないわたし。


すぐに、
陽斗と接触した人達に連絡し、
今後数日間の予定もキャンセル。


どうか、誰にも移ってませんように! 


なんて祈りながらも、
陽斗の傍らで、
いつも以上に元気溌剌の詩月を見て、
「一番移りそうな詩月が、
 こんなに元気なんて、
 ほんとにインフルエンザなのか?」
と、かすかにお医者さんを疑ってみたり・・・。



で、土曜日。

陽斗の身体に見事な発疹が!!!


・・・・やっぱり。。。


そして、今日。
再度かかりつけ医を訪れて、
突発性発疹と確定。


ああ、しんどい。
なんで、こんなに振り回されるのか・・・。



そして、教訓。

大病でない限り、セカンドオピニオンはいりません。
1つの病気には、1つの医者が望ましい。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。