たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
6ヶ月からはじめた離乳食。


ありがたいことに、
詩月のときとは違って、
全くの苦労知らず。。。


硬かろうが柔らかろうが、
小さかろうが、大きかろうが、
味が薄かろうが、濃かろうが、
全く気にせず、何でももぐもぐよく食べる。


その食べっぷりは、
本当に見事!



うれしい限り。。。



なのに、
そんな陽斗も、
最近少々食欲が低下?!


暑くて食欲が落ちているのもあるけれど、
好き嫌いも、少々出てきて・・・。


そして、
なによりも、
「自分で、食べたい!」
「お姉ちゃんのように食べたい!」
という自我の芽生えが強くなってきたようで。。。


隙があれば、
お箸やスプーンを手にとって、
見よう見まねで、使ってみる。


で、うまくいかなくて、
怒ったり、泣いたりと大騒動。


でも、
思うようにさせておいた方が、
結局よく食べるし、うまくいく。



 hspace=にしても、
この有様。。。


詩月の時も、
こんなんだったっけ???



毎食、毎食、
後片付けが、とんでもなく大変。。。



しかも、
食後に手足と顔を洗おうと、
全裸でお風呂場に連れて行ったとたん、
「うーーんっ。うーーんっ。」
と気張りだし・・・・!!!!



ほんとに、げんなり。。。



でも、
「子供って、
 ほんとに本能のままに生きているのだなあ。」
と思うと、
ちょっと、笑える余裕も出てくる・・・・はず。


  
あと、しばらくは、頑張りますか。。。

スポンサーサイト
今日、とうとう金魚が1匹死んでしまった。


それを最初に見つけた詩月は、
「ママ?!
 金魚が寝てる?!!」と。


「詩月、これは寝てるんじゃなくて、
 死んでるんやわ。」と、
わたしが言うと、
「ふーーん。
じゃあ、病院連れて行ってあげよっか?」
と答える詩月。

(以下、長いので、わたし=マ、詩月=し)


マ「病院に行っても、ダメやわ。」

し「じゃあ、歯医者さんに連れていってあげたらいいんとちゃう?」

マ「歯医者も一緒よ。死んでるから、もう治らへんよ。」

し「なんで、治らへんの?」

マ「だから、死んでるから・・・。」

し「なんで、死んでるの???
  なんで、治らへんの???」

マ「生きてるからやん。
  詩月、胸に手を当ててみ。
  ドクドクいってるでしょ?」

し「うん、いってる!」


マ「でしょ?。
  生きてるからドクドクいってるねんで。
  で、死んだら、ドクドク言わなくなるの。
  ドクドクいってるうちは、
  ケガしても病気しても治るけど、
  ドクドク言わなくなったら、
  病院にいっても治らへんのんよ。」

し「じゃあ、なんで、詩月は生きてるの?」

マ「・・・・・・。」




大分、はしょって書いたけれど、
ここまで、かなりの時間をかけての論争。




けれど、詩月にうまく説明できず、
もう無理と思ったわたしは、
「・・・・・、なんでやろなあ・・・。
  あとで、パパに聞いてみたら・・・・。」と、
あっさりと、勝手にりゅうpapaにバトンタッチ(笑)



そして、その後、
パパにもしつこく金魚の死を確認する詩月。



パパは、
“これが、最良の説明”だと思って、
「死ぬっていうことは、
 ずっと眠り続けることやで。」
と言ったらしいのだけれど、
「ふーーん。
 でも、金魚さん、目を開けてたで!」
と、詩月らしいするどい観察力で切り替えし、
りゅうpapaも
結局、詩月を納得させられず。。。



ところで、
死ぬということは、どういうことなのだろう。

そして、
生きるということは・・・・。



正直、わたしにもわからない。



わたしにもわからないのだから、
3歳の詩月には、わかるはずもない。



そうかっ?!


どう言ったら、詩月が理解してくれるのだろうって、
躍起になっていたけれど、
そもそも、“生と死”なんて壮大なテーマは、
誰かに説明されて、
理解するものではないのでは?!


うん、きっとそうに違いない!!


ほっ。。。



詩月、その答えは、
これからゆっくり、
“自分の感性”で、見つけていって下さい!!!!
わたしは、生き物があまり好きではない。

“生き物”とは、
もちろん、
虫も魚も小動物も猛獣も・・・ということ。


だから、
詩月と陽斗には申し訳ないけれど、
“何か”を飼うのは、できるだけ控えたい。
(マンションなんで、
 そもそも犬猫は飼えません。。。)


なのに、
今週末、
何故だか我が家に新顔が勢ぞろい!



事の始まりは、
じいちゃんの畑でとれたお豆についていた“あおむし”から・・・。



最近、
『はらぺこあおむし』の本を気に入っている詩月は、
お豆についていた小さな“あおむし”がお気に召したようで、
「持って帰る!!」と。


“まあ、あおむしくらい、大丈夫だろう。”
と、ビンに入れて持って帰ることに・・・。


なのに、
次の朝起きてみると、
“あおむし”くんは、影も形もない?!

どうやら、空気穴から逃げ出したらしい。。。


がっかりした詩月が、
あまりにもかわいそうだったので、
夕方、パパと一緒に、
畑にあおむしを捕りに行くことに。


なのに、
捕ってきたのは、なんと“蛙”!

りゅうpapaいわく、
「“あおむし捕りに行ってきたら?。”
 なんて、簡単に言うけど、
 あおむしなんて、
 そんな簡単にみつからへんで?。」


にしても、何故に蛙?
まあ、小指の先ほどの小さな蛙なので、
これもよしとしよう。。。




そして、
次の日(連休2日目)、
蛙の餌と虫かごを買いに、ホームセンターへ。



そこで、わたしが見つけたのが、“水草”。

夏になると、むしょうにほしくなる一品。

“詩月がまだ生まれていなかったときは、
 部屋に飾ったりもしてたよなあ。”
なんて感慨にふけっていると、

『水草と一緒に育てるメダカ
 ?この夏、親子で楽しもうー』
なんていう魅力的?!なキャッチフレーズが、
目に留まった!!!


そして、
そのコピーにまんまと乗せられたわたしは、
りゅうpapaを説き伏せて、
水草とメダカ3匹を購入。。。




ここで、もう一度・・・。


わたしは、生き物があまり好きではない。



・・・はずだったのだけれど、
魚って意外にイケルかも?!


なんだか、
あの尾ひれのひらひら加減が、
妙にいい感じで、癒される。。。

見ていて、ホントに飽きない。。。


我ながら、不思議だ・・・。



それほど、
最近のわたしは、お疲れなのだろうか・・・。




そして、連休最後の日。

地元のお祭りの縁日で釣った
出目金と金魚が仲間入り。。。



と言うわけで、
この3連休で、一気に賑やかになった我が家。



どうか、みなさん長生きしてね?。。。
先週、
詩月と陽斗とわたしの3人で公園に行った。

すると、いつのまにか、
詩月が鉄棒で“前回り”が出来るようになっていたので、
早速、りゅうpapaに見せるべく、
今日の休みを待って、
いそいそと公園へ。


詩月も、
“パパに、前回りを見てもらう!”
というのを楽しみにしていたので、
公園に着くなり、
早速、前回り!

といっても、
鉄棒は、詩月には高すぎるので、
ブランコの回りの柵で・・・なのだけれど。


けれど、
3歳にして前回りは、たいしたもの?!



なのに、
りゅうpapaときたら、
一通り誉めると、
すぐにその次を目指したくなるようで、
早速、詩月に“逆上がり”を伝授。


もちろん、
できるわけもなく・・・。

難しいことを教え込まれようとしていることを、
察した詩月は、
ぷいっとそっぽを向いて、
違う場所へ行ってしまう始末。



 hspace=けれど、
今日、お初の“のぼり棒”が
出来るようになったのをきっかけに、
りゅうpapaと詩月は、
きれいさっぱり、和解の方向へ。。。

















 hspace=陽斗も、
最近では公園であそべるように。。。
芝生の上を歩いたり、
アスレチックの階段を登ったり、
滑り台を登ったり・・・。


ちっともじっとしていない。


さすがは、男の子?!











 hspace=そして、
楽しく遊んだ後は、
ふたり仲良くお茶タイム。。。









秋になったら、
公園通いが定番になりそうだなあ。。。

テレビを見ているふたり。


 hspace=詩月がテーブルの上に乗って、
音楽に合わせて踊っていると、
負けずに陽斗も上っていって、
一緒にひと踊り。














 hspace=陽斗がテレビの前で寝っころがっていると、
詩月もその横でおんなじように、
寝っころがり・・・、










 hspace=テレビの前に立ちはだかると、
詩月も負けじと、
テレビの前に立ちはだかる。。。







詩月が陽斗の真似をして、
陽斗が詩月の真似をして・・・。



いつの間にか、双子のよう。




そして、わたしは・・・、


「詩月ぃ?、何歳?3歳でしょ?!!」
「陽斗?、あぶない!
 陽斗にはまだそれは、早すぎる!!」
というのが、最近の口癖に。。。







<追記>
ブログを見て下さっている皆様へ。


かなりの余談ですが・・・。

半年くらい前、
このブログに迷惑コメントが入るようになったため、
かなりのコメント制限をして、ブロックしました。
そして、ちょうど同じくらいの時期に、
子育てが忙しくなり、
ブログの更新も滞るようになったため、
その後のコメントに関しては、
気にしていなかったのですが、
最近になって、
「ブログにコメントが入らないよ?!」
というご指摘をいただきました。。。

どうやら、制限がきつすぎて、
普通のコメントも入らなくなっていたようです。

この半年の間に、
コメントを入れて下さって、
「あれ??」と思っていた方がいらっしゃいましたら、
ごめんなさい。


制限解除しましたので、
きっとこれからは入ると思いますので、
よろしくお願いします!
今日は、久しぶりのお天気!

というわけで、
動物園に出かけることに・・・。



家族で出かけるのは、
久しぶりの動物園。

“滑り台”をしに行きたかった詩月は、
「なんで、動物園なーん。」
とブツクサ言っていたのだけれど、
動物を見たとたん、
テンションアップ?!

「詩月、ぞうさん見に行く!」
「次は、かばさん!!」
と、順路は無視して、
見たい動物を追いかけて、
園内を行ったり来たり。


運がいいことに、
明け方産まれたばかりのキリンさんともご対面。



そのキリンの赤ちゃんを目の前にして、
「ちっちゃーい!」
「かわいいなあ。」
「わあ、歩いてる!」
「キリンさんの赤ちゃんは、
 しっぽから産まれてきたんかなあ?」
なんて、
興味津々で、いろんな感想をしゃべりまくる詩月。



正直、こんなに楽しんでくれると思っていなかったので、
ちょっとびっくり。




そして、一方の陽斗。


なぜか異様に暑さに弱い陽斗は、
かなりの汗だくで、少々うなだれ気味。

赤ちゃんには、この日差しはきつかった?!

なんて心配したのだけれど、
最近歩けるようになった陽斗は、
ベビーカーから降ろしてもらうと、
うれしそうに歩きはじめ、
砂をいじったり、
柵にもたれて、
ジーーっと動物を見入ったりと、
こちらも自分のペースで、
それなりに“動物園”を楽しんでいた様子。



詩月と陽斗、
今は、全くペースが違うから、
連れ立って歩くのは、正直骨が折れる。


けれど、
外に出ると、学ぶことも多い。



ああ、
しばらくは、大変だけれど、
ぼちぼち、頑張っておでかけもしようか。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。