たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
台所の入り口に、
突っ張り棒をつけられてしまった詩月は、
わたしが、台所に行くたびに、
突っ張り棒に掴まって、
ぶーーぶーーと文句を言っている。

今日の夕方も、かなりのブーイング。
それでも、相手にされないとあきらめた詩月は、
スタスタとおもちゃ箱のところへ。

絵本を持って、遊び始めた。

水の音がしても、レンジの音がしても、
わたしに背を向けたまま、
見向きもしない。

“やけに熱心に遊んでいるなあ。”
と思って、よーーく見てみると、
絵本をめくりながら、
「ないないないない、ばっ。」
「ないないないない、ばっ。」
と言っているではないか。

!!!!!

“なんてすばらしい!
 もう、本が読めるのか!!”
と、感激しきりで、
詩月を抱きしめる。

けれど、よくよくみてみると、
詩月がめくっていたのは、
『いないいないばあ』の本ではなく、
『いいおへんじ』の本。

しかも、その後、
携帯を持って、
「ないないないない、ばっ」
を繰り返している詩月を発見。

そうか、
やっぱり、そんなことなのか。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。