たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
今日の日程 
あやとり橋、こうろぎ橋見学
     ↓
松井秀樹ベースボールミュージアム見学
     ↓
    昼食
     ↓
  ゆのくにの森見学
     ↓
  お菓子の城見学
     ↓
   足湯堪能
     ↓
    夕食

ゆのくにの森今日は、今秋結婚するという、
りゅうpapaの友人カップルとも合流し、
大人6人、子供3人で、石川見学。

加賀の工芸が、
ひとつ所に集まった“ゆのくにの森”では、
“絵付け”を体験(わたしが)。
たっちで、ばあ?!記念に、詩月の名前の由来をお皿に書いて、
焼いてもらうことにした。
出来上がりは、2週間後とのこと。

上手くできているか、出来上がりを見るのが楽しみ!

さて、詩月はというと、
ここでも、“あんよ”に余念がなく、
暇さえあれば、“いっち、に、いっち、に”
とトレーニングに励んでたる。
中腰で、詩月に付き合っているわたしとりゅうpapaは、
ちょっとの時間でも、意外に大変。

一方、友人のお子ちゃまはというと、
2歳と4歳で、
おりこうに、スタスタと歩いている。
大きくなれば、
また違った大変さも出てくるのだろうけれど、
とにかく、ひとりで歩いてくれるのは、
うらやましい。

“詩月、お兄ちゃん、お姉ちゃんを見習って、
 早く歩けるようになるんだよ?!”


そして、夕方、
山中温泉の隣、山城温泉で、
足湯を堪能!

“足湯って、こんなに気持ちいいんだなあ。”
と、はじめて実感!

折角なので、
詩月にも足湯の初体験を!
と思ったのだけれど、
湯温が、高いからか、
足をつけると
「ひぃーーーーん!」と、嫌がる。
2、3度挑戦しても、同じ結果に…。

ああ、残念。
足湯の気持ちよさは、まだ0歳の詩月には、
わからないか…。  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。