たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
メルちゃんと詩月りゅうpapaの
お姉さん、妹さんから、
お誕生日祝いにと、
“メルちゃん”人形をいただいた。

早速、箱から出して、
詩月に渡してみるけれど、
いつものように、
一番気になるのは、
包装紙や説明書のようで、
お人形さんには、見向きもしない。

けれど、
わたしが、付属のブラシで、
メルちゃんの髪の毛を梳かしはじめると、
なんだか、気になるようで、
こちらの方を、じーーっと見始めた。

そして、
しばらくすると、マネをしだし、
ブラシで、自分の髪の毛を梳かしたり、
メルちゃんの髪の毛を梳かしたり、
(一見、どう見ても叩いているだけ
 のような気もするけれど…)
し始めた。

“詩月もやっぱり、女の子なんだなあ。。。
 こんなことも、できるんだあ。”
と、ほのぼのしたのも束の間。
メルちゃんをポイっと放り投げて、
スタスタとどこかへ行ってしまう。

“あ?あ、やっぱり。”

けれど、あと一年も経たないうちに、
メルちゃんを放さなくなるのだろうなあ。
「お風呂も一緒に入る!」
「お買い物も一緒に連れて行く!」
なんて、言うのだろうか…。

女の子って、おしゃまで、世話好きだからなあ…。
楽しみなような、面倒くさいような、
なんだか、複雑な気分。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。