たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
詩月が夕食を全く食べない。

野菜はもちろん、
あんなに大好きだったマカロニも、
床の上に撒き散らし、
ぐずぐずと大騒ぎ。

やれやれと思いながら、
散乱した食べ物をお皿に戻し、
「食べ物を投げたらダメでしょ!」
と、詩月の手の甲を“ペチンッ”

けれど、そんなことで大人しくなる詩月ではない、
より一層、大きな声で、わめき始め、
今度は、お皿ごとポイする勢い。

ここで、負けてなるものか!!

「食べないなら、食べなくていいよ!
 でも、後でお腹すいても何にもあげないからね!!」
と言って、詩月とにらめっこ。

が、しかし、ふと、詩月が、
今朝から、鼻たれさんだったことを思い出し、
“もしかして、喉も痛いのか?
 そういえば、おやつを食べているときも、
 なんとなく、喉の通りが悪そうだったよなあ。。。”
なんてことまで、考えて、
それじゃあ、詩月がかわいそうと、
喉越しのいい、やわらかベビーフードを取り出して、
あらためて、食事再開。

すると、さっきのごねっぷりがうその様に、
パクパクと食べ始め、
あっという間に、完食。

もう、ストックのベビーフードはないのに、
まだまだほしいようで、
身を乗り出してくる。

なので、仕方なく、
冷凍保存していた、ホットケーキを持ってくる。

“これは、ぱさぱさしてるし、
 食べにくいんじゃないかなあ。”
なんて、心配はよそに、
これも、難なく完食。

??????

こんな詩月の様子を見ていて、
“もしかして、これって、
 喉が痛いんじゃなくて、
 ただの好き嫌いなんじゃあないの???”
と疑ってしまうわたし。

思わず、じーーっと詩月を見つめてしまう。
だけれど、
どうにも見分けはつかない。


“ああ、こうやって、
 親としての威厳がなくなってくのだろうか。”
なんて、打ちひしがれていると、
突然、詩月がゲボッ。


うーーん。やっぱり、喉痛だったのかなあ。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。