たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
最近、日常の流れが、
わかってきて、
それに伴う言葉の理解が、
大分できるようになってきた詩月。

例えば、
「オムツ換えよう!」
と言ってオムツを見せると、
オムツ換え用の座布団の上に、
ごろんと寝転がる。

「まんま食べよう!」と言うと、
食事用の椅子のところに行って、
「これ?」と聞き返す。

「ちゃぷちゃぷしよう!」と言うと、
お風呂場に行く。

お風呂の呼び出しベルが鳴ると、
洗面所に行って、
服を脱ごうとする。

「歯磨きしよう!」
と言うと、洗面所に歯ブラシを取りに行くなどなど。。。


挙げればきりがなく、
本当に、お利口だなあと思うのだけれど、
ただひとつ、問題なのは、
融通が利かないこと。

頭の中に、プログラミングされたように、
決まった手順で、決まった動きをする。

なので、
「ちょっと、時間がないから、
 お昼は、椅子なしで食べよう。」
と思っても、
まんまだとわかると、
必ずローチェアの前で、
「これ?これ?」と聞きかえしてくるし、

食事の後も、
「さっさと片付けてしまいたい。」と思っても、
いつのまにか「はい!」といって、
お皿を台所に運んでくれる。

できるようになっていることを、
面倒くさいからといって、
止めるわけにもいかない。


ああ、やれやれ。


だけれど、こう動くように仕向けたのも、
きっと、多分、わたし…。

うーーん、いつまで、どこまで、
付き合ったらいいのだろうか…。

そのうち、しなくなるかなあ。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。