たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
ますます、“オマル”が大好きになってきた詩月。

“オムツ替え”だとわかると、
すぐにトイレに飛んで行くようになった。

そして、決まってオマルを指差して、
「これぇ!これぇ!」


面倒くさいから、
やめたいのだけれど、
せっかくオマルと言っているし…。

で、
どうしてもやめられず、
詩月がトイレに飛んでいくたびに、
オマルを居間に運び出すわたし。

もうすでに、かぐわしい臭いがしていても、
かなりオムツがボトボトになっていても、
まずは、オマルに座って、
「しーー、来い来い!」
「うーーん、うーーん」

しかも、
昨日までは、
服を着たままでもよかったのに、
今日は、
「脱いでから座る!」と頑固に主張。

もうすでに汚れているお尻で、
オマルに座られるのは、
とっても面倒くさいけれど、
“頑固ちゃん”に逆らうと、
余計に時間がかかるから、
仕方なく言うとおりに…。

「うーーん、うーーん。」と、
無意味に何度かきばって、
お知りも拭いて、
なんとか“トイレタイム”終了。


はぁ。。。


“もう、毎回毎回面倒くさいから、
 オマルは居間に、置きっぱなしにしておこう。”
と思いながら、汚れたオムツを片付けていると、
“お片づけ”を察した詩月が、
意気揚々とオマルを抱えて、
トイレに片付けに行こうとしている。

…なんて几帳面な…。

確かに、そうよね、
オマルを置きっ放しにするのは、
よくないよねえ。。。


詩月が、正解!!!


にしても、この几帳面さは誰に似たのだろう。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。