たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
郵便局に行く用事ができてしまった。

詩月を置いて行くか連れて行くか、
迷った結果、連れて行くことにした。

“寝ているときを見計らって連れて行こう!”
と思い、自分の身支度を整え、
ベビーカーも用意した。
だけれど、詩月はなかなか寝てくれない。
しばらく待ってみるが、
雨が降ってきても困るので、
起きているけれど、やむなく出かけることにする。

ほんの5分くらいのところとはいえ、
ふたりでの初めてのおでかけ。
わたしは、少々緊張気味。
“そういえば、昔、スーパーで、
 通りすがりの人に、赤ちゃんが
 刺された事件があったよなあ。”
なんて、また、いつものようにネガティブ思考まっしぐら。
前から歩いて来る人が、
みーーんな、悪い人に見えてくる。

郵便局に着いたら着いたで、
詩月が騒ぎ出さないか心配で、気が気ではない。
そんな、わたしの心配が通じたのか、
対応してくれた局員さんも、
やけに、急いで手続きをしてくれる。
最後には、大して待ってもいないのに、
「お待たせしました。」
なんて、申し訳なさそうに言われてしまう。

詩月はと言えば、
わたしの緊張が伝わったのか、
はたまた、
いつもとは違う周りの様子に緊張したのか、
始終、固まって、耳と目で、
一生懸命周りの様子を伺っていた。

よっぽど疲れたらしく、
帰ったら、打って変わって、
スヤスヤとよく眠っていた。

ごめんね、詩月。

今度は、もっと、楽しく外出できるはずだから・・・。




スポンサーサイト

詩月ちゃんの初めてのお使いじゃなく、みほママの初めての外出、何事もなく先ずは一安心。
でも気をつけるに越したことはないから安心しない様に。

2006.07.04 16:14 URL | のぶさん #- [ 編集 ]

詩月に悟られないくらいの緊張感は、常に必要かもね。
“そう簡単には死なないだろう。”と思う反面、
“わたし次第で、どうにでもなる。”と思うと、
何をするにも緊張する。
この先ずっと、はじめてのことだらけだから、
大変だ。

2006.07.05 11:20 URL | みほmama #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。