たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
帝王切開で、長く入院していたのが、
功を奏したのか、
入院中、朝な夕な指導しに来てくれる、
助産師さんのお陰で、
詩月の時には出なかった母乳が、
少し出るようになった。

母乳には母乳、ミルクにはミルクのよさがあるから、
母乳が出るなら母乳を出して、
ミルクと混合でしていきたいなあと思い、
退院してからも、母乳外来に通うことに。


そして、今日がその1回目。


まだまだ、母乳だけでは足りず、
毎回ミルクを足さないといけないのが現状。

助産師さんいわく、
「母乳の分泌量は充分。
 赤ちゃんが大きくなって、
 上手に飲めるようになったら、
 母乳だけでいけるはず。
 それまでは、毎回搾乳して、
 分泌量が減らないようにしてみては・・・。」と。

母乳育児にはあこがれるけれど、
母乳外来に通う経費と、毎回搾乳の手間を考えると、
「ミルクでいいかあ。」なんて、思ってしまうわたし。

とりあえず、実家にいるうちは頑張ろうと、
次の予約もとって帰ってきたけれど、
いつまで頑張れるか、とっても不安。


陽斗、ママの意志がくじけてしまう前に、
早く大きくなってねえ?。


追記:
大きくなってねえ?。と言ってみたけれど、
実は、陽斗はどんどん大きくなっていて、
この時期、1日25gくらいしか増えない体重が、
55gも増えているようで、
看護師さんがすごく驚いて、
「もうこれ以上は、ミルクの量を増やさないでね?。」と。

でも、すごい飲みっぷりで、まだまだ欲しそうなんだけれど・・・。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。