たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
「ちょっと、トイレ行ってくるね。」と、
詩月に声をかけて、居間を出て行ったわたし。


詩月が、トイレットトレーニングをしていたときは、
ドアを全開にしたり、
一緒に入ったりしていたのだけれど、
詩月のオムツが外れて以降は、
しっかり鍵をかけて、トイレに入るのが常。

“トイレくらいゆっくりさせてほしい。”
と言うのが、わたしの言い分。


今日も、もちろん“カチャ”と鍵をかける。


すると、その音を聞きつけた詩月が、
「鍵かけた?」と。

そして、
いつもなら、即飛んできて、
「開けて?。」
なんて言いながら、
ドアノブをガチャガチャするのだけれど、
今日はしない。


?????

  
“何かしてるのかなあ?”
と安心?!したとたん、
ドアがガチャっと開いた!!!!


で、詩月のしてやったりの笑顔。



“あれ?鍵掛けるの忘れてた???”
なんて思っていると、
お金がどうたらこうたら言いながら、
手に握り締めた10円玉をわたしに見せる詩月。


どうやら、
10円玉で鍵を開けて入ってきたらしい。


ちょっと、ビックリ。。。



にしても、
どこから10円玉を持ってきたのだろう・・・。


そう思っていると、
なんと、律儀にも、
その10円玉を、
わたしのかばんの中の、
わたしのお財布の中に、
戻している詩月を発見。



なんとも末恐ろしい。


あんな短時間で、
こんなことをしていたのか・・・。


ホント?に、

気が抜けない!!!!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。