たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
 hspace=今日は、詩月のリトミックの日。

いつものように、
陽斗をばあばに預けて、
詩月とふたりでお出かけ準備。

「時間がないから、急いで!」と、
詩月を追いたてながら、
玄関に向かったのだけれど、
何を思ったのか、
詩月は、ピンクのニット帽とピンクのメガネを装着。


その、なんとも言えないへんてこりんな格好に、
わたしもばあばも、思わず大笑い。


けれど、この格好で出かけるのは恥ずかしい。。。


という訳で、
なんとか、思いとどまらせようとしたのだけれど、
そう簡単には、
言うことを聞きそうになかったので、
仕方なく、そのまま出発。


“電車にも乗るのに・・・”
なんて、内心ひやひやしていたのだけれど、
暑かったのか、歩きにくかったのか、
すぐに帽子とメガネをはずした詩月。


ホッと一安心。。。


そして、
その後は、なんの問題もなく、教室に到着。



・・・・・と思ったのだけれど、
なんとそこで、再び帽子とメガネの登場?!


どうやら、このへんてこりんな姿を、
みんなに見せて、
受けを狙おうと思ったらしい。


2歳にして、お笑いに目覚めるなんて、
やはり詩月は関西人?!


娘のはじめての“ボケ”が、
どんな評価を受けるのかと、
ちょっと楽しみに思いながら、
一緒にじゃじゃーーんと
みんなの前に登場!!!


なのに、
悲しいかな、誰にもウケない?!

みんな、ふつうに「おはよう?。」と。


ガー??ンっ。


しばらくは、
期待のまなざしで、
その場に立ち尽くしていた詩月だけれど、
誰もこの姿に反応してくれないとわかると、
すごすごと帽子を脱ぎ、
普通に教室に入る。

「うちの子も、メガネ好きよ?。」
なんていうお母さんの温かいフォロー?の言葉を聞きながら、
わたしも、普通に教室に入る。


完璧に、すべった・・・。




詩月、
世間は厳しいねえ。

詩月の言動に、
一喜一憂して大騒ぎするのは、
やっぱり、甘々の身内だけなのです。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。