たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
 hspace=最近、お買い物に行くと、
お会計の時に、お金を払いたがる詩月。
あまり何度もお願いされるので、
マンションの隣の鳥やさんで、
自分でお金を払って、
たまごを買ってもらうことに。


この前、じいじにもらった赤いお財布に、
250円(←たまごの値段)を入れて、
いざ出陣!!!



いつも買いに行っている鳥やさんで、
「たまごくーださい!」は、
詩月の専売特許。。。

なのに、今日は、
お金のことで頭がいっぱいの詩月は、
お店のおじさんに
「いらっしゃい!」と言われても、
何も言わずに、
一生懸命、お財布からお金を出そうとしている。
 hspace=

わたしが、後ろから、
「詩月!何がほしいか言わないと!」
と声をかけると、
おじさんの方が察しって、
「たまごかな?」
といって、たまごを1パック、包んでくれた。


そして、
やっとお財布からお金を取り出して、
おじさんに渡した詩月。


なのに今度は、
たまごの袋を渡してもらっているのに、
受け取ろうとせずに、
お金を渡した右手を、開いたまま、
しばしフリーズ???



“あれ?”
と思って、詩月の顔を覗き込もうとしたら、
詩月がわたしを振り返り、


「お金がなくなっちゃった?!!!」
と半泣き顔?!



「あたりまえやん。
 今、お金払ったんやから。
 また入れてあげるから・・・。」
と、あわてて詩月をなだめ、
おじさんに苦笑い。


詩月も、それ以上は何も言わなかったので、
ホッとして、
おじさんにお礼を言って、
その場を立ち去るわたしたち。



自分でお勘定をした実感が、
後になって湧き出てきた詩月は、
帰る道々、得意満々の顔!!!

あんまり嬉しそうだったので、
その顔を写真に撮るべく、
携帯を向けたのだけれど、
ちょっと照れ隠しでこんな顔。。。


でも、本当にうれしそうだったよ!


詩月のもたもたさんに
付き合ってくれたおじさん、
ありがとうございました。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。