たまうさぎちゃん と やたがらすくん 

la lune et le soleil

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) |
わたしも、詩月も、
昨日の疲れが抜けきれず、朝からぼーーっ。
詩月はなんと、3時間も続けてお昼寝。
(最近は、30分寝たらいいほうなのに。)
テレビ
はじめは、
「これで、わたしもゆっくりできる!」
と、喜んでいたものの、
あんまり起きないと今度は、心配になり、
ちゃんと息をしているか、10分置きに確認。
そして、3時間後、ようやく目が覚める。

“やっと起きたかあ。”と少し安心して、
野菜スープとミルクをあげるため、
ほ乳瓶と、お椀を取りに台所へ。
戻ってくると、詩月の姿がどこにもない。

“あれ?”
と思って、よく見てみると、
テーブルの下に入り込んで、テレビを見ている。
3時間も寝た後なだけに、
とっても機嫌がいい。

スプーンをかむ“この調子だったら、
 野菜スープも嫌がらないかなあ。”
なんて、期待して、
詩月を抱っこ、口にスプーンを運ぶ。
何回か、繰り返しているうちに、
スプーンが近づくと、口を開けるようになった。
さらに、スプーンを持っているわたしの手を、掴んで、
自分で、スプーンを口に運ぶようになった。

「すごい!詩月!
 自分で食べるの?
 かしこいねえ!!!」
と、わたしはべた褒め。
詩月もにこにこしてスプーンを口に運ぶ。

すごいじゃない!
まあ、まだ、口が閉じられないから、
スープは口の横からこぼれるんだけれど・・・。
ぼちぼち、本気で離乳食、考えなきゃ!かな
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。